久津媛神社:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 24

昔、纏向日代宮(まきむくのひしろのみや)で即位した大足彦天皇(おほたらしひこのすめらみこと/景行帝)は、球磨贈(くまそ)を征伐して、凱旋する時、筑後国の生葉行宮(いくはのかりみや)を発ち、この郡に訪れた時、神というものが…