とある出雲一家の日常:その弍

「八千矛兄、あけましておめでとうございます。そして大名持へのご就任、お祝い申し上げます」 「おお波津身、わざわざ挨拶に来てくれたか。おぬしも少名彦に決まったそうだな、これから我ら力を合わせて良き国づくりに励もう」 「ええ…

とある出雲一家の日常:その壱

「姫よ、儂の愛しい糸魚川の翡翠はおるかの」 「あらあなた、突然どうしたのですか、日も落ちかけていますよ」 「どうじゃ、立派な鯛が釣れたのよ、これを其方に食べさせようと思うての」 「まあとても大きな鯛ですこと。これを私に、…