とある出雲一家の日常:その弍

投稿日:

p4140004-2022-01-1-00-12.jpeg

「八千矛兄、あけましておめでとうございます。そして大名持へのご就任、お祝い申し上げます」
「おお波津身、わざわざ挨拶に来てくれたか。おぬしも少名彦に決まったそうだな、これから我ら力を合わせて良き国づくりに励もう」
「ええ、出雲の吉数、八の我らの代にて、益々繁栄ある王国を築きましょう。それはそうと八千矛兄は宗像の多岐津姫との間に御子もおられますが、此度はかの曳田の美姫、八上姫もお迎えされるそうじゃないですか、なんと羨ましい」
「八上姫はな、大変じゃったぞ。姫も強情だったが八十兄の嫉妬もひどくてな。だが聞いておるぞ、お主もついにあの糸魚川の翡翠を落としたそうじゃないか。儂も八上姫の次はと狙っておったのに残念なことをした」
「何を仰せです、たとえ八千矛兄でもダメですよ。私が2年の歳月をかけた『翡翠を買いに行くふりをして足繁く通ってヌナ可愛ちゃんを落とそう』計画がようやく実を結んだのですから」
「わかっとる、わかっとる。で、実際儂はまだ沼川姫の顔を知らなんだが、そうとう美しいのか」
「そりゃもう、ヤバ可愛姫ですから」
「でた、その顔、儂の事向けの数倍の威力があると噂のヤエ顔、おぬしの笑みは強烈だな」
「八千矛兄もやってみますか、伝授しますよ」
「おう、教えてくれ、こうか」
「こうです」
「こうか」
「もっとこうです」
「こうか」
「いや歯茎をもっと見せて、こう」
「こうか」

「彦や、あそこでアホ面を晒している図体のでかい子供らは誰じゃ」
「はい、多岐津母様。誠に残念なお知らせでございますが、あれが今度の出雲の王と副王で、さらに一人はあなたの夫でございます」
「やはりそうか、そうであってくれるなと願っておったのじゃが」
「大丈夫です母上、私、アジスキはもう少しまともな大人になりますゆえ」
「そうしておくれ。まったくわらわは、なにゆえあのような男に惚れたのであろうな」
「はい、八千に広がる優しさと、あのおおらかさに惚れたのだと、以前母上が私に話してくださいました」
「そうであったか、そうであったな」

「佐和気殿、あなたの息子は面白い男ですな」
「いやなに冬衣殿、おぬしの息子もなかなかひょうきんものよ」
「はぁ~、私は息子の教育を間違うたのでしょうか。あれではそのうち、出雲王家は軽薄で子沢山などと後世に語られてしまいますぞ」
「いや、あれは確かにおぬしの種よ。おぬしも宗像の一番娘を2年がかりで通い徹してゲットだぜーって叫んどったろうが。ははは、なに構うまい。我らは良き種を残したと思うぞ。他国では人を支配することに幸福を見出すようだが、我々は自然を、人を慈しむことに幸福を見出す。その出づ芽の種をああして確かに残したのだ」
「種ですか」
「そうじゃ、種じゃ。あの思慮深く宗像王国を築いたアタカタスが、二番娘を嫁がせたほどじゃ、我が息子にも儂の種がよう根付いとる。この国は小さな島国じゃ、千年二千年のさきには幾度かの国難もあろう。しかしあの種があれば大丈夫じゃ、きっと最後に美しく幸せな花を咲かせる。それまで我らはこうして天界より見守っておればよい」
「そのようなものですか」
「そのようなものじゃ」

「ところで、のう波津身、提案があるのだが」
「なんでしょう」
「こうしてお互い妻を持つようになった。八上・沼川とどちらがより早く、より次代の王に相応しい息子をこさえるか競走せぬか」
「よいでしょう、受けて立ちましょう」

「ということでな、姫には輿入れ早々で悪いのじゃが、儂と子作りして欲しいんじゃ」
「ふふ、お二人とも良い大人で、この国の王と副王ですのにおバカなのですね」
「嫌いになったか、姫よ」
「ますます好きになりました。私を力強く抱いてくださるかと思えば、急に子供っぽくなられて。男とは頼もしくも可愛いのですね」
「おぬしはあの糸魚川の清流のように、いつも清らかで美しく情が深いのう。儂はおぬしのことが、どうにも好きでたまらんのよ」
「あらあら、まあ、まぁ」

…「と言うことがあっての、その時できた子がおぬしなのじゃ、ミナカタ」
「いや、その情報いる?!」

新たな一年とその先に、出づ芽の幸あらんことを。二礼二拍手一礼。

五条桐彦

3161040-2022-01-1-00-12.jpg

4件のコメント 追加

  1. narisawa110 より:

    今年は大雪の通行止めで実家の帰省がなくなりましたので、前々から行きたかった福井と、糸魚川の奴奈川神社に行ってきました。
    結果は見るも無惨で、越智は大雪で山頂に迎えず、奴奈川神社は、現在御朱印停止中wwww
    両方貰えた五条先生羨ましい

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      そんな時もあります。
      僕も逃した御朱印は数知れず、神魂神社の御朱印は三度目の参拝でようやくもらえました。
      さまざまな秘境を踏破されたnarisawaさんが、僕も羨ましいです。

      いいね

  2. mame58 より:

    あけましておめでとう🎍ございます

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      あけましておめでとうございます♪
      幸多き一年でありますよう、お祈り申し上げます

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください