鬼のさし上げ岩:八雲ニ散ル花 吉備王篇 07

吉備の中山で出会ったご婦人の妖精がささやきます。 「鬼ノ城にお行きなさいな」 まるでロールプレイングゲームの主人公のように、僕は鬼ノ城を目指すのでした。 真っ白。。 雨が降って来ました。 「鬼ノ城」(きのじょう)は、岡山…

サムハラ神社 奥宮

「呼ばれなければ辿り着けない」 そう噂される「サムハラ神社 奥宮」を訪ねてきました。 呼ばれなければ辿り着けない、というフレーズの場所を他にいくつか訪ねましたが、まあ辿り着けます。 そんな大仰なものではありません。が、そ…

伊豆能賣:八雲ニ散ル花 欄外

くるま座さんの話を聞いて、気になってやってきました。 『人麿古事記と安万侶書紀』にも書かせていただいた「熊野道祖神社」です。 久那斗神・八衢比古神・八衢比売神を祀る、福岡の出雲。 「あそこに伊豆能賣が祀られているよね」 …

中山神社:八雲ニ散ル花 吉備王篇 06

岡山県津山市一宮に鎮座の「中山神社」(なかやまじんじゃ)へやってきました。 参道入口に妖怪チックなケヤキの御神木があります。 「ぐへへ、おいてけ~」 津山市指定天然記念物です。 妖怪樹さんは樹齢約800年とされ、尼子の兵…

血洗の滝:八雲ニ散ル花 吉備王篇 05

岡山県赤磐市是里、吉備から美作方面へ向かう途上の吉井川の支流滝山川の深部に、「血洗の滝」(ちあらいのたき)はあります。 ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトがこの滝で血にそまった剣を洗ったというのが名の由来です。 お…

石上布都魂神社:八雲ニ散ル花 吉備王篇 04

吉備津から美作地方へ向かう途中、岡山県赤磐市の山中にある備前国一宮「石上布都魂神社」(いそのかみふつみたまじんじゃ)を訪ねました。 一ノ鳥居までもずいぶん山道を走ってきましたが、案内板によるとこの先に本社があり、さらに奥…