楯崎神社::海祇ノ比賣巫女 04

福岡県福津市の渡半島(わたりはんとう)には、人にあまり知られていない秘境が存在しています。 と、その前に、渡半島の手前に「九州の湘南」と呼ばれる福間海岸があるので立ち寄ってみました。 福間海岸の一つ「宮地浜海水浴場」、そ…

吉野ヶ里遺跡の大賀ハス

北内郭の大祭殿の写真を撮りなおしたくて、佐賀の吉野ヶ里遺跡へ再訪しました。 すると「大賀ハス」が見頃です!というので、立ち寄ってみることに。 王の家がある南内郭から少し下ったところにありました。 これは見事。 美しい大輪…

太宰府天満宮と宮地嶽神社の花手水

楽しみ、というもののことごとくが自粛された初夏、爽やかな一報が福岡にもたらされました。 我が氏社「太宰府天満宮」。 早朝の参拝でしたので、門は閉まっています。 しかしお目当はその手前にある手水舎。 その景色がいつもとは違…

高良山(後篇):筑秦ノ饒速日 番外

高良大社本坂、三ノ鳥居前です。 今は三ノ鳥居と呼ばれていますが、昭和44年(1969年)に麓の参道と車道の境目に鳥居が出来るまではニノ鳥居と呼ばれていました。 長く急な階段の横には、スロープカーも設けられており、足の悪い…

高良山(中篇):筑秦ノ饒速日 番外

悠久の昔、高牟礼山に神在り。 ある時、海からやってきたという玉垂の神が高牟礼の神に願い申す。 「どうか一夜、山を貸していだだきたい」 そういうと玉垂の神は、山の麓にある大石を馬に激しく足蹴らせ、蹄の跡を打ち付け、これを清…

高良山(前篇):筑秦ノ饒速日 番外

筑紫の国魂「高良大社」(こうらたいしゃ)を訪ねました。 当ブログの「神功皇后紀」でも取り上げましたが、さらに深く、この神社の謎に迫ります。 なお、写真および資料が膨大なため、三部作とさせていただきます。 高良大社は福岡県…

仁比山神社

佐賀県神埼市の山中にある「仁比山神社」(にいやまじんじゃ)を訪ねました。 地元の人に「山王さん」さんと呼ばれ親しまれているこじんまりとした神社ですが、参道を始め趣の美しい神社です。 参道入口にある仁王門は江戸時代の建設と…

佐嘉神社

佐賀県佐賀市にある「佐嘉神社」(さがじんじゃ)を訪ねました。 正門入り口には大砲などが置かれており、一般の神社とは違う趣です。 それは江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつであるのが理由。 祭神の…

霊仙寺

福岡と佐賀の県境にある背振山。 その山中を訪ねると、不思議な遺跡に出会うことができます。 福岡から脊振に向かうと、新しくできた「五ケ山ダム」のダム湖があります。 綺麗に整備され、レジャー施設などもできています。 脊振の峠…

八倉比賣神社:八雲ニ散ル花 忌部番外篇06

古の天地の初めの時、高天原に現れた神の名を天之御中主神(アメノミナカヌシ)という。 次に国が浮いた脂のように漂っているときに、葦の芽が生えるように生まれた神を國常立尊(クニノトコタチ)という。 その後 生まれた神に伊邪那…

千栗八幡宮

佐賀県三養基郡みやき町にある肥前国一宮「千栗八幡宮」(ちりくはちまんぐう)へやってきました。 こんなところにも一之宮があったとは。 参道脇に「宮地嶽神社」があります。 どっしりとした肥前鳥居の先には、見上げんばかりの階段…