池島:炭鉱住宅

第2の軍艦島「池島」。 訪れた者を虜にする、この小さな島の1番の魅力は「炭鉱住宅跡」でしょう。 そこには人の文明がいとも簡単に自然に呑み込まれる、現在進行形の姿を見ることができるのです。 この炭鉱住宅群は、池島の高台にあ…

池島:新店街通り・郷地区

外周4kmほどの小さな炭鉱の島「池島」。 かつてはそこに、8000人近い人々が暮らしていました。 今、池島を歩いてみると、賑やかだった当時の面影を見ることができるのでした。 池島の高台にある炭鉱住宅街の北脇に向かいます。…

池島:炭鉱施設跡

第二の軍艦島、生きた廃墟の島「池島」(いけしま)へ行ってきました。 そこは僕の想像を超えた、驚きのテーマパークでした。 池島は、西彼諸島に属する島で、長崎県西彼杵半島の西方約7kmに位置します。 池島に渡ることのできる港…

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)

佐世保から西海方面へ車を走らせていると、思わず NI☆DO☆MI してしまう怪しげな3本の塔があります。 シュールレアリズムの悪夢のような、のどかな風景にさも当たり前のように建つ明らかにパースのおかしい異物。 魔女の塔か…

佐世保要塞 石原岳堡塁

海上自衛隊、海上保安庁、米海軍が密集する軍港の町「佐世保」。 しかし丘に登れば、戦時中のその佐世保軍港の防備のために設置された陸軍の遺構が残されています。 そのひとつ、「石原岳堡塁」(いしはらだけほうるい)を訪ねてみまし…

旧佐世保海軍警備隊 田島岳高射砲台跡

石原岳堡塁を見て、佐世保軍港時代の遺構に興味が湧きました。 僕の専門ではありませんが、いくつか訪ねてみることにしました。 佐世保港の一角に「前畑地区倉庫群」「干尽倉庫群」と呼ばれる遺構があります。 赤みを帯びたレンガでで…

沈堕発電所跡

間近に見ることのできる発電所跡があるというので行ってみました。 大分県豊後大野市にある「沈堕発電所跡」(ちんだはつでんしょあと)です。 豊後大野市には二つのナイアガラがあります。 そのひとつ「沈堕の滝」(ちんだのたき)は…

稲積水中鍾乳洞

以前から気になっていた「稲積水中鍾乳洞」(いなづみすいちゅうしょうにゅうどう)を訪ねてきました。 そこはいわゆるB級的な、ちょっとアレなスポットでした。 稲積水中鍾乳洞へは、「ととろのバス停」からナビに導かれるままに車を…

ととろのバス停

休日の旅先探しに地図を眺めていて面白いものを見つけました。 「ととろのバス停」です。 ととろのバス停は大分県佐伯市宇目町の、長閑な山村にありました。 太宰府ICから大分米良ICで降り、さらに行くこと60km。 気軽な日帰…

ガラスの砂浜

せっかくの休日も、コロナ騒ぎで水を差されてしまいました。 偉そうな人が今が瀬戸際だと言っていますが、「瀬戸際なら春節の時だったろうが!」 とまあ、ほとんど多くの日本人が思っているだろうから、ここでは言いません。 言っちゃ…

轟氏再考:八雲ニ散ル花 圏外

今から約半世紀前、大戦後の悲惨さから立ち上がり、オリンピック景気を皮切りに高度経済成長期を突き進む日本。 その日本の西の地にある一人の男が爆誕した。 おぎゃあと生まれたその男こそがTHE CHIRICO。 僕なのである☆…