足摺岬

はるばると、ここまでやって来たもんだ。 2021年10月18日、その日僕は、四国の最南端「足摺岬」(あしずりみさき)に立っていたのでした。 大分・佐賀関から朝イチのフェリーに飛び乗り、愛媛の三崎港に着岸。その後、ぶい~ん…

石鎚山:後編

試しの鎖でイキった挙句、大量にHPを消費してしまうという失態を犯した僕は、果たして最後まで辿り着けるのか。 いや正直もう帰りたい、そんな気持ちになっていました。 しかしこの先、またこの霊山にトライできる機会があるとは限り…

石鎚山:前編

すめろきの 神の命の 敷きいます 国のことごと 湯はしも さはにあれども 島山の 宜しき国と こごしかも 伊予の高嶺の いざ庭の 岡に立たして 歌思ひ こと思ほしし み湯の上の 木群を見れば 臣の木も 生ひ継ぎにけり 鳴…

天空の鳥居:倉岳神社

「空飛ぶ羽根と引き換えに 繋ぎ合う手を選んだ僕ら それでも空に魅せられて 夢を重ねるのは罪か」♪ 天草の天空の鳥居「倉岳神社」(くらたけじんじゃ)へ行ってきました。 倉岳神社は天空の、と言うだけあって山頂に鎮座しています…

青龍窟:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 03.5

福岡県苅田町の平尾台にある「青龍窟」(せいりゅうくつ)、そこにも土雲の伝説がありました。 心地よい晴天の下、車を走らせ細い山道をのんびりドライブ。 目的地まであと2kmというところまでやってきましたが、ここで車両通行止め…

続石

遠野にある「続石」(つづきいし)という奇岩を訪れてみます。続石は遠野物語にも出てくる名勝のひとつです。 「千葉家曲り屋」を少し下ったところに入り口がありました。 そこから15分ほど山道を歩くことになります。 道はそこそこ…

鳥取砂丘

そうだ、海へ行こう! 1年半経ってもロクな政策を打ち出せない全ての政治家と、不安を煽ることしかできない全てのマスメディアにうんざりな僕は、鳥取に向かうことにした。 あの砂の丘を目指して。 7月末の昼間の砂丘では、こんな油…

別府弁天池

例年の酷暑に気分だけでも涼を、と小ネタ的な記事をアップします。 山口県美祢市秋芳町にある「別府弁天池」です。 秋芳町といえば「秋芳洞」をはじめとする鍾乳洞が有名ですが、カルスト大地特有の景色も見応えがあります。 まるで羊…

垂水遺跡(裏山寺)

修験の聖地「山形」、その懐は深い。 「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」で有名な山寺には、裏の聖地があるというので訪ねてみました。 そこで僕は、驚くべき自然の造形を目の当たりにします。 あ、トライポフォビア(集合体恐怖症)の…

立石寺(山寺):後編

そこにあるのは、嘉永元年(1848年)に再建されたけやき材の優美な門です。 門の中には朱塗りの厳つい仁王像が鎮座します。 左右に安置された仁王尊像は運慶の弟子たちの作といわれ邪心をもつ人を見抜き、この先への立ち入りを拒む…

立石寺(山寺):前編

「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」 「立石寺」(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院で、「山寺」(やまでら)の通称で知られています。 詳しくは「宝珠山阿所川院立石寺」(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称…