切幡寺:四国八十八箇所霊場 第十番札所

四国八十八箇所霊場の第十番札所、「得度山 灌頂院 切幡寺」(とくどざん かんじょういん きりはたじ)は、お遍路で最初に迎える難所と言えます。 細い山道をひたすら車を走らせ、駐車場に停めてからの道のりもなかなかなものでした…

法輪寺:四国八十八箇所霊場 第九番札所

四国八十八箇所霊場の第九番札所、「正覚山 菩提院 法輪寺」(しょうかくざん ぼだいいん ほうりんじ)。 本尊:涅槃釈迦如来。 本尊真言「のうまくさんまんだ ぼだなん ばく」 ご詠歌「大乗の 誹謗もとがも ひるがえし 転法…

熊谷寺:四国八十八箇所霊場 第八番札所

四国八十八箇所霊場の第八番札所の「普明山 真光院 熊谷寺」(ふみょうざん しんこういん くまだにじ)です。 立派な仁王門が少し離れた場所にありました。 ぐいぐい車で登っていきます。 広い駐車場に車を停めると、これまた立派…

十楽寺:四国八十八箇所霊場 第七番札所

四国八十八箇所霊場の第七番札所、「光明山 蓮華院 十楽寺」(こうみょうざん れんげいん じゅうらくじ)です。 本尊は阿弥陀如来坐像、脇侍は観音菩薩立像と勢至菩薩立像で3躰とも鎌倉期の作と伝えられます。 本尊真言「おん あ…

安楽寺:四国八十八箇所霊場 第六番札所

四国八十八箇所霊場の第六番札所、「温泉山 瑠璃光院 安楽寺」(おんせんざん るりこういん あんらくじ)です。 本尊は薬師如来。 本尊真言「おん ころころ せんだりまとうぎ そわか」 ご詠歌「かりの世に 知行争う むやくな…

筥崎宮『玉せせり』

令和2年1月3日、福岡市東区箱崎の「筥崎宮」(はこざきぐう)へ参拝してきました。 目的は半裸の男衆たちが組んず解れつの大乱闘を見せる「玉せせり」。 その勇姿をしっかり目に焼き付けてきました。 筥崎宮本殿へ、「お汐井とり」…

令和2年初詣

2020年1月1日、令和初の元旦は晴天との予報でしたので、初日の出を見ようと車を走らせました。 場所は脊振山山頂。 脊振山山頂までは車で上ることができます。 広めの駐車場もあり、そこから5分も登れば山頂に。 が、さすがに…

地蔵寺:四国八十八箇所霊場 第五番札所

四国八十八箇所霊場の第五番札所、「無尽山 荘厳院 地蔵寺」(むじんざん しょうごんいん じぞうじ)です。 山門をくぐると、見事な大銀杏が黄金色に色付いていました。 本尊は延命地蔵菩薩で、胎内仏として勝軍地蔵菩薩が収められ…

大日寺:四国八十八箇所霊場 第四番札所

四国八十八箇所霊場の第四番札所、「黒巌山 遍照院 大日寺」(こくがんざん へんじょういん だいにちじ)です。 当寺は少し山に入ったところにありました。 歩いてくるのは大変です。 のどかな山寺の雰囲気。 山号の黒巌山は、こ…

大麻比古神社:八雲ニ散ル花 忌部番外篇04

徳島県鳴門市の「大麻比古神社」(おおあさひこじんじゃ)を訪ねました。 阿波国一宮として知られ、阿波国・淡路国両国の総鎮守、また徳島県の総鎮守として信仰を集め、地元の人からは「大麻さん」と呼び親しまれる神社です。 一の鳥居…

天太玉命神社:八雲ニ散ル花 忌部番外篇03

奈良県橿原市忌部町(いんべちょう)にある「天太玉命神社」(あめのふとだまのみことじんじゃ)はその名の通り、忌部氏の祖「太玉命」を祀る神社です。 忌部氏は出雲の玉造で王家の祭祀を始めとして祭具作製・宮殿造営を担っていました…

忌部神社:八雲ニ散ル花 忌部番外篇02

島根県東忌部町宮内、そこは忌部の里と呼ばれ、忌部川のそばに「忌部神社」(いんべじんじゃ)がありました。 忌部氏といえば、玉造に所縁ある氏族ですが、若い女性の参拝客で華やいだ玉作湯神社に比べて、当社はやや侘びた風情がありま…