氷川神社:八雲ニ散ル花 荒覇吐篇 03

さいたま市大宮に鎮座する「氷川神社」(ひかわじんじゃ)、武蔵国一宮と称される当社は、宮中の四方拝で遥拝される一社でもあります。 駐車場からはすぐに三の鳥居に出ましたが、参道入口の一の鳥居からは長い長い参道が続いています。…

伊古奈比咩命神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇 01

吹きすさぶ風の中、岩に寄せる波は飛沫を上げ、水の塊が砕ける轟音を響かせていた。 ゴツゴツとした岩山に大きな窪地があり、その穴には海水が流れ込んでいる。 女は岩の上に坐し、火を吹く島々の神に問う。 ここは眼前に荒海、背後に…

幣立神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 11

熊本県山都村、「九州のおへそ」と言われる場所にある聖地、 「幣立神社」(へいたてじんじゃ)を紹介することを、僕はちょっと躊躇っています。 熊本県上益城郡山都町、山都中島西ICから高千穂に向かう218号線沿いに、その神社は…

比叡山延暦寺-四大魔所

最澄が開いた比叡山延暦寺は京の都の北東にあります。つまり京都の鬼門を守っている形になっています。そんな比叡山にはなんと、魔界に通じる4つの場所があるといいます。 【天梯権現祠】比叡山への古い参拝ルートのひとつ、坂本から根…

石上神宮:八雲ニ散ル花 61

「ふるべ ふるべ ゆらゆらとふるべ」 全ての憂いを取り払い、物部イクメはついに大和の大王となろうとしていた。 丹波国で抵抗を続けた「彦道主大王」と「武内宿祢」だったが、イクメ軍の総攻撃に勝ち目が無いと悟った大王はついに降…

嚴島神社(干):親魏和國ノ女王 03

その日、瀬戸内に浮かぶ数ある小島の一つが、神の島となった。 多くの船、多くの人が集ったが、にぎやかさはなく、その島は悲しみに覆われていた。 ある者は、「まるで太陽が消えたようだ」と言った。 248年、豊国軍が安芸国に留ま…

老蘇の森と奥石神社

万葉の昔から歌に詠われた美しく名高い森「老蘇の森」(おいそのもり)。そのもりに囲まれるようにある神社が「奥石神社」(おいそじんじゃ)です。 参道には独特な茅の輪が掲げられていました。 伝説によると、この一帯は地が裂け水が…

熱田神宮

「大和の桜は私の帰りを待っていてくれるだろうか」 若き悲劇の英雄「日本武尊」(ヤマトタケルノミコト)は東方の蛮族討伐のため、わずかな従者とともに愛しい大和の地を離れます。手には神剣「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)を…