御井神社:八雲ニ散ル花 八上恋歌篇 01

出雲市斐川町に出雲大社の祭神「大国主」の最初の妻と伝わる「八上比売」(ヤガミヒメ)とその娘を祀った神社があるというので、訪ねてみました。 「御井神社」(みいじんじゃ)です。 大国主は兄弟神と一緒に、美しいと評判の八上姫に…

那讀佐神社:八雲ニ散ル花 八上恋歌篇 00.5

島根県出雲市東神西町、神西湖の南東にある高倉山のふもとに「那讀佐神社(なめさじんじゃ)があります。 ここは「須勢理姫」ゆかりの神社だと聞いたので、訪ねてみました。 なんだか豪快な手水舎があります。 遠目に見えてはいました…

雲根神社:伝・八岐大蛇(10)

出雲市大津町に鎮座の「雲根神社」(くもねじんじゃ)に来ました。 当社はヤマタノオロチに関する伝承を持つ神社です。 場所は斐伊川を挟んで万九千神社の西側の土手沿い。 とても素朴な神社です。 現在の祭神は「素盞鳴尊」「稲田姫…

静之窟:八雲ニ散ル花 番外

大汝少彦名乃将座志都乃石室者幾代将経(おほなむち すくなひこのいましけむ しつのいわやは いくよへにけむ) –『万葉集』巻3-355 生石村主真人 ずっと気になっていた島根県大田市静間町の海蝕洞「静之窟」(しずのいわや)…

多鳩神社:八雲ニ散ル花 番外

石見国二宮「多鳩神社」(たばとじんじゃ)は少し不思議なものがある神社でした。 この神社は島根県江津市二宮町というところにあります。 一之鳥居のそばには「御神幸所」と掲げられた別の鳥居がありました。 神幸とは祭事や遷宮など…

温泉津温泉

「温泉津」とかいて「ゆのつ」。 旧石見国にあたる島根県大田市温泉津町の小さな港町にある、鄙びた温泉街に泊まってきました。 五十猛から国道9号線を西に15kmほど、左手に石見銀山を通り過ぎた先で右に折れると温泉津港がありま…

琴引山:八雲ニ散ル花 番外

この山の峰に岩屋があって、その中に天下を造られた大国主命の御琴がある。 長さ七尺、広さ三尺、厚さ一尺五寸である。 また峰に石神があって、高さ二丈、周りが四丈、そこでこの山を琴引山という。 - 『出雲国風土記』 - 島根県…

出会い

最近、僕の出会い運が爆騰している。 高角山の人麻呂像を求め探していましたが、近くまで来ているのになかなか見つからない。 そこで近くにいた男性に尋ねてみたら 「ああ、それは私が作ったものだよ」 とおっしゃるではないですか。…

美保神社・ゑはがき

匿名の方のご指摘で、webで美保神社の古い写真を探していたら、売りに出ていた絵葉書を見つけました。 紹介されていた写真の内容に一目惚れしてしまい、思わずポチり。 昭和中期ごろの写真でしょうか、今と大きく景観が変わるわけで…

忌部神社:八雲ニ散ル花 忌部番外篇 02

島根県東忌部町宮内、そこは忌部の里と呼ばれ、忌部川のそばに「忌部神社」(いんべじんじゃ)がありました。 忌部氏といえば、玉造に所縁ある氏族ですが、若い女性の参拝客で華やいだ玉作湯神社に比べて、当社はやや侘びた風情がありま…