加茂神社(滋賀)・居醒の清水

滋賀県米原市の加茂神社にふらりと立ち寄りました。 そこには平成の名水百選、水の郷百選にもなった「居醒の清水」(いさめのしみず)がこんこんと湧き出ています。 ヤマトタケルが伊吹山の神との戦いに敗れた時、この清水のおかげで一…

胡宮神社 後編/調宮神社:八雲ニ散ル花 番外

さて、そろそろ意を決して奥宮登拝を決行しましょう。 境内の案内板で行程を確認。 磐座は青龍山の峰の一つの山頂付近にあるようです。 そしてかつては神聖な場所として禁足地であったと。 近年、禁足地は解禁される傾向にありますが…

胡宮神社 前編:八雲ニ散ル花 番外

青龍山の頂上に大きな岩がある。 大昔からこの岩を磐座とよび深く信仰して龍宮を祭り、長寿、豊作、雨乞の祈願をした。 これを原始信仰と云い、麓から遥拝するため社殿を造ったのが胡宮である。 磐座は胡宮の奥宮であり、多賀大社の奥…

多賀大社:八雲ニ散ル花 番外

「其の伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」 (故其伊耶那岐大神者坐淡海之多賀也) ~『古事記』「真福寺本」 「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」 中世から近世にかけて伊勢神宮・熊野三山とともに「お多賀さ…

西明寺(湖東三山)

滋賀県犬上郡に鎮座の天台宗寺院、「龍応山 西明寺」(りゅうおうざん さいみょうじ)を昨年秋に訪ねました。 そこは「湖東三山」の1つに数えられる、滋賀の紅葉の名所です。 山門そばの御堂を覗くと いきなり不気味な閻魔様。 驚…

沙沙貴神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 09

琵琶湖の東岸、織田信長の安土城で有名な安土に「沙沙貴神社」(ささきじんじゃ)が鎮座しています。 参道入口では、平成30年の台風21号で倒れた大樹の根本が残されていました。 表参道を進み、 突き当たりを右に折れると 重厚な…

兵主大社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 08

大和で勢力を強める物部勢は、執拗に大彦軍を攻め続けた。 大彦は三島の地を離れ、琵琶湖東南岸に移住することを決意した。 そこは野洲と呼ばれていた。 彼は大型の銅鐸を作り、友好国に配って銅鐸祭祀を広めていった。 大彦は和国大…

坂田神明宮:斎王〜倭姫命世記を追う 12

垂仁天皇八年、淡海国坂田宮に遷幸し、二年間奉斎 この時、坂田君等は、地口・御田を進った ヤマトタケルが命を落とすことになった伊吹山、そのお膝元、滋賀県米原市にある「千福神社」(せんぷくじんじゃ)を訪ねました。 のどかな村…

田村神社:斎王〜倭姫命世記を追う 11

垂仁天皇4年、ヤマトヒメは近江国の甲賀の日雲宮に遷り、4年間奉斎。 この時、淡海(近江)国造は、地口・御田を進呈した。 滋賀県甲賀市にある史跡「垂水頓宮跡」(たるみとんぐうあと)を訪ねました。 国道1号線沿いにひっそりと…

安楽律院

東塔、西塔、横川の3エリアからなる「比叡山延暦寺」。この延暦寺は京都の北東にあり、京都の鬼門を守っているといいます。さらには、この延暦寺内においてもさらに鬼門の方向にとても神秘的な場所があります。そこは「飯室谷」(いむろ…