神龍八大龍王神社

熊本県菊池市に龍神が鎮まる場所があるというので出かけてみます。 「神龍八大龍王神社」(しんりゅうはちだいりゅうおうじんじゃ)です。 場所は竜門ダムのすぐ下。 それにしてもすごい景観、これ、ダムが決壊したら辺り一帯水びたし…

千田聖母八幡宮:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 20

景行帝が肥後国山鹿に陣を敷いた時、南の方の茂賀の浦に、八つの光が夜となく昼となく見えたので、大臣を遣わして確かめさせた。 「寒・言・神・尊・利・根・陀・見」と八つの言葉を発するそれは、躰一つにして八頭を持つ大亀であった。…

大宮神社:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 19

景行帝が玉名から阿蘇に向う途中、山鹿の杉山に行宮を造り、茂賀の浦・震岳にいた土雲を征伐した。 後に帝の神霊を行宮の地に祀り、大宮と呼んだ。 熊本県山鹿市山鹿の「大宮神社」(おおみやじんじゃ)を訪ねました。 景行天皇を主祭…

北宮阿蘇神社

阿蘇・菊池一族の聖地「北宮阿蘇神社」を訪ねました。 社前の階段を降りると、菊池川が流れています。 階段脇には「菊池一族御刀洗所 万病の神水」と彫られた石碑があり、ここはその昔、菊池一族が刀を洗った場所だと云うことです。 …

名石神社:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 17

熊本県玉名郡長洲町の「姫ヶ浦」にやってきました。 ここは、日向御刀媛(ひむかのみはかしびめ)が景行帝のあとを追って、長洲に来たものの既に帝は発った後で、女官と共に海に身を投げて石になってと伝えられていました。 姫ヶ浦にほ…

健軍神社:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 番外

熊本市内で最古の神社と云われる「健軍神社」(けんぐんじんじゃ)は、景行帝の時代に、朝来山(あさこやま)の土雲を征伐した、健緒組命(タケオクミノミコト)を祀ったと伝えられていました。 社前には電車通りの大鳥居から神社まで続…

姫浦神社

熊本県上天草市姫戸町姫浦に鎮座の「姫浦神社」を訪ねました。 この姫浦神社には、景行天皇にまつわる伝承が残されていました。 天皇が葦北より不知火海に来た時、暴風に遭って船は転覆の危機を迎えます。 この時一緒に乗っていた姫が…

夫婦岩神社(熊本)

熊本県球磨郡あさぎり町にある「夫婦岩」(めおといわ)を訪ねてきました。 途中、旧須恵村役場近くに「おいちの墓」と書かれた案内板を見かけました。 細道の一角にあったのは、小さな石憧(せきとう)。 正確には、その六地蔵石憧の…

天空の鳥居:倉岳神社

「空飛ぶ羽根と引き換えに 繋ぎ合う手を選んだ僕ら それでも空に魅せられて 夢を重ねるのは罪か」♪ 天草の天空の鳥居「倉岳神社」(くらたけじんじゃ)へ行ってきました。 倉岳神社は天空の、と言うだけあって山頂に鎮座しています…

長部田海床路(満)

宇土市住吉町の「長部田海床路」(ながべたかいしょうろ)を再び訪ねました。 前回は干潮の夕暮れでしたが、潮が満ちたその姿も見たくなったからです。 海床路はすっかり水に浸かっています。 海中に立つ電信柱はなるほど幻想的です。…

阿蘇神社 拝殿再建までの歩み

2016年、立ち尽くす僕の視界を曇らせたのは、空から降る雨のせいだったか。 あれから5年。 たとえ泥沼の世にあっても、本来、人の営みは素晴らしいのだと、教えてくれた。 ありがとう。