寒川神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇16

大彦は北陸道を通り信濃国で没し、当時はすでに更級郡の布制神社に祭られていた。 かれは越前国足羽郡に子孫を残したが、子孫・足羽臣は阿須波の神を祭る足羽神社の社家となった。 足羽氏は信濃にも移住し、諏訪大社上社の社家になって…

江ノ島:後篇

江島神社の「奥津宮」(おくつみや)へやってきました。 瑞心門からゆっくり登って30分くらいでしょうか。 手水舎の水が出る部分は亀になっていて、 屋根も亀が土台となって支えています。 手水舎の奥にあるトイレにもびっくりしま…

江ノ島:前篇

鎌倉といえば「江ノ島」。 あまりに有名な観光スポットであり、今更僕が書き記すこともないのですが、とりあえず行ってきました。 本土と島をつなぐ江ノ島大橋。 東から朝日を受け、 西には霊峰富士が、その勇姿を見せていました。 …

銭洗弁財天宇賀福神社・佐助稲荷神社

鎌倉市佐助の住宅街から源氏山公園へ上る細い道のカーブに、鳥居の先がトンネルになった神社があります。 「銭洗弁財天宇賀福神社」(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)、境内の洞窟にある清水で硬貨などを洗うとお金が増えると…

鶴岡八幡宮

神奈川県横浜市にある田谷山「定泉寺」(じょうせんじ)に立ち寄りました。 定泉寺は天文元年(1532年)に鶴岡二十五坊相承院の僧快元法印の門弟「隆継」阿闍梨によって建立されたと伝わる寺院です。 ここに立ち寄ったのは 境内奥…

鎌倉大仏・長谷寺

最近ちょっとハマっていることがありまして、ブログ更新が滞っています。 もといこのコロナ禍の中、新規の記事もさほどないのですが。 令和2年2月の中頃、鎌倉へ出かけてきました。 そろそろ旅行もヤバそうだな、と感じ始めていた頃…

橘樹神社

「かれ七日ありて後に、其の后の御櫛海辺によりたりき。すなわち、その櫛を取りて御陵を作りて治め置きき」 荒海を越えた日本武尊は、浜辺であるものを見つけました。 手にしてみれば、見覚えのある一つの櫛。 それは海に身を投げた弟…

走水神社

悲しまないでください。 私は幸せです。 数多のお后がいる中で、あなたは私の手を取り、ともに旅立とうと仰ってくださいました。 独りだった孤独な世界から、私を連れ出してくれたのです。 私はあなたに出逢って、生きる意味を知りま…