塞神社(R18)

郷ノ浦港までやってきましたが、帰りの便まで時間があります。 何かないかなと探していると、ふれ愛通りという商店街の一角に「塞神社」がありました。 サイジンジャ、キタコレ! 塞神社はこの地区の氏神様だそうで、猿田彦の妻・猿女…

天手長男神社

壱岐の西岸部・黒崎には、あの有名な「猿岩」が鎮座します。 ウッホ、まさにモンキー! こ、こいつ動くぞ! いえ、動きません。 壹岐嶋誕生神話に由来する、「生き島」が流されぬよう八本の柱を立てて繋いだその柱の一つが猿岩だと伝…

住吉神社(壱岐)

壹岐嶋の中心地にほど近い、芦辺町住吉東触に鎮座の「住吉神社」(すみよしじんじゃ)を参拝しました。 1841年(明治4年)に国弊中社に列格し、壱岐で唯一の官社となった神社です。 当社は大阪の住吉大社をはじめ、下関・福岡の住…

龍蛇神神社

今回、勢いで壱岐にやって来ましたが、その一番の目的は、龍蛇神神社の参拝でした。 この神社の存在を僕が知ったのは前回の壱岐旅の記事をアップしていた時ですから、実に8年越しのことだったのです。 福岡からフェリーで往来する場合…

左京鼻

壱岐の東に向かうと、壱岐のモン・サン・ミッシェル「小島神社」が鎮座しています。 モン・サン・ミッシェル、多いな(笑) さらに東に向かうと、猿岩と並ぶ壱岐の二大観光スポット「はらほげ地蔵」があります。 六道(地獄、餓鬼、畜…

男嶽神社

壱岐の北東方面を目指していたら、「鯨の墓」という表記が目につきました。 案内に従って車を走らせると、海沿いの寂しい場所に。 そこにぽつ~んと墓らしき石塔が立っております。 色々と問題に取り沙汰される捕鯨ですが、伝統漁であ…

総社神社

こちらも知らなければ辿り着けない神社、壱岐市芦辺町湯岳興触(こうふれ)鎮座の「総社神社」(そうしゃじんじゃ)を訪ねました。 同じく磐座系女子さんからの情報です。 目的地のすぐ近くに「興神社」(こうじんじゃ/こうのじんじゃ…

保護中: 神石神社

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

月讀神社

そうか、壱岐なら日帰りでいけるんだ! と改めて気づいた僕は、夜中に車を走らせ、フェリーに飛び込んでいました。 博多から壱岐へ渡る九州郵船フェリーの最終便は、PM11:30出港になります。それで壱岐着がAM2:15、対馬着…

淀姫神社:八雲ニ散ル花 土雲歌譚篇 31

昔、景行帝巡幸の時、志式島(ししきのしま/平戸島)の仮宮から西海を見ると、海の中に島があり、多数の煙が立ち上っていた。 そこで、帝は阿曇連百足(あづみのむらじももたり)を遣わせて探らせると、そこには八十余りの島があり、そ…

山王神社「一本柱鳥居」

国指定史跡『長崎原爆遺跡』の一つ「一本柱鳥居」を訪ねてきました。 一本柱鳥居は浦上街道沿いの高台にぽつんと立っていました。 この鳥居は山王神社の二の鳥居ですが、長崎原爆の爆風で片方の足が吹き飛び、残った1本の足のみで立ち…