石室神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇06

伊豆半島の最南端に位置する石廊崎の聖地を訪ねました。 遊覧船乗り場に広い有料の駐車場がありますが、早い時間であれば、店先の無料駐車スペースに駐めることもできます。 石廊崎(いろうざき)まではしばし歩くことに。 10分ほど…

伊古奈比咩命神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇05

吹きすさぶ風の中、岩に寄せる波は飛沫を上げ、水の塊が砕ける轟音を響かせていた。 ゴツゴツとした岩山に大きな窪地があり、その穴には海水が流れ込んでいる。 女は岩の上に坐し、火を吹く島々の神に問う。 ここは眼前に荒海、背後に…

月間神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇04

南伊豆町手石にある「月間神社」(つきまじんじゃ)を訪ねてみました。 雰囲気の良い、爽やかな参道です。 横の小池には弁天社のような社が浮かんでいます。 月間ゆえに祭神は「月読命」かと思いきや、「事代主」となります。 実は伊…

すず福

伊豆旅で僕がお世話になったのは磯の宿「すず福」さんです。 素朴な宿でしたが、料理が最高! 席に着くと、ずらっと海の幸が並びます。 新鮮な刺し盛り、 アワビもあります。 金目鯛の煮付けは、伊豆名物。 さざえごはん、 そのた…

龍宮窟

伊豆半島には数々の恋愛スポットがありますが、「龍宮窟」もそんな場所の一つです。 伊豆下田の田牛(とうじ)にそれはあります。 丘に登ると龍神を祀る社が鎮座。 その先の展望所からの眺めがこれ。 海蝕によってできた天然の造形美…

広瀬神社・三島神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇02

伊豆半島を南下していくと、伊豆国一宮「三嶋大社」と「三嶋溝杭姫」とのつながりを示す神社がありました。 まずは伊豆半島の付け根、国市にある「廣瀬神社」です。 参道は珍しい、下り宮となっています。 下田街道136号線沿いに鎮…

三嶋大社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇01

奈良葛城に大和王国が誕生するその昔、摂津の三島家に「玉櫛姫」または「活玉依姫」と呼ばれる姫がいた。 彼女は東出雲王国の「八重波津身」の元へ嫁ぎ、3人の子を儲けた。 彼女は東出雲の揖屋の地に宮を建ててもらい、幸せに暮らした…

天城峠

20歳の一高生の「私」は、自分の性質が孤児根性で歪んでいると厳しい反省を重ね、その息苦しい憂鬱に堪え切れず、1人伊豆への旅に出る。 「私」は、湯ヶ島の道中で出会った旅芸人一座の1人の踊子に惹かれ、天城峠のトンネルを抜けた…

河津桜

日本人の誰もが愛する春の花「桜」。 ソメイヨシノが満開を迎え始めた昨今ではありますが、僕は一足先に、花見に出かけていたのでした。 僕が花見をしたのは3月初旬、場所は伊豆。 そう、最近有名になってきた「河津桜」です。 今で…

霊峰・富士山

日本最高峰の山「富士山」。 その末広がりの美しい姿は、まさに日本一の絶景と言えます。 男なら、一度は日本の頂点に立ってみたいもの。 なので富士山登頂を目指してきました。 2010年9月13日AM9:00 富士山吉田口5合…