八倉比賣神社:八雲ニ散ル花 忌部番外篇06

古の天地の初めの時、高天原に現れた神の名を天之御中主神(アメノミナカヌシ)という。 次に国が浮いた脂のように漂っているときに、葦の芽が生えるように生まれた神を國常立尊(クニノトコタチ)という。 その後 生まれた神に伊邪那…

太宰府天満宮・或日

氏神様へのいつものご挨拶と、コロナ終息を願い太宰府へ。 あの賑やかだった参道もシャッター通りとなり、ただただ閑散としていました。 音が消えた太宰府天満宮。 騒々しい人で溢れていた時は心底うんざりしていましたが、賑わいのな…

寒川神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇16

大彦は北陸道を通り信濃国で没し、当時はすでに更級郡の布制神社に祭られていた。 かれは越前国足羽郡に子孫を残したが、子孫・足羽臣は阿須波の神を祭る足羽神社の社家となった。 足羽氏は信濃にも移住し、諏訪大社上社の社家になって…

轟氏再考:八雲ニ散ル花 圏外

今から約半世紀前、大戦後の悲惨さから立ち上がり、オリンピック景気を皮切りに高度経済成長期を突き進む日本。 その日本の西の地にある一人の男が爆誕した。 おぎゃあと生まれたその男こそがTHE CHIRICO。 僕なのである☆…

立江寺:四国八十八箇所霊場 第十九番札所

四国八十八箇所霊場の第十九番札所「橋池山 摩尼院 立江寺」(きょうちざん まにいん たつえじ) 街中にある立派な当寺は「四国の総関所」として四国八十八ヶ所の根本道場といわれ、また「阿波の関所」として知られています。 本尊…

恩山寺:四国八十八箇所霊場 第十八番札所

四国八十八箇所霊場の第十八番札所「母養山 宝樹院 恩山寺」(ぼようざん ほうじゅいん おんざんじ) 麓の方に侘びた感じの山門があります。 山門の先には県指定天然記念物の恩山寺ビランジュが根を張ります。 母君に孝養をつくし…

井戸寺:四国八十八箇所霊場 第十七番札所

四国八十八箇所霊場の第十七番札所「瑠璃山 真福院 井戸寺」(るりざん しんぷくいん いどじ)。 街中にあって割と大きな寺院です。 立派な山門には、大きなわらじが。 本尊は聖徳太子作と伝えられる七仏薬師如来。 また、脇仏の…

観音寺:四国八十八箇所霊場 第十六番札所

四国八十八箇所霊場の第十六番札所「光耀山 千手院 観音寺」(こうようざん せんじゅいん かんおんじ)。 町中にあるこじんまりとした寺院です。 立派な山門は普通のフレームには収まりきれず、超広角で撮影。 本尊は千手観世音菩…

国分寺:四国八十八箇所霊場 第十五番札所

四国八十八箇所霊場の第十五番札所「薬王山 金色院 國分寺」(やくおうざん こんじきいん こくぶんじ)。 四国霊場には四県に国分寺があり、その最初の札所である当寺は「阿波国分寺」とも呼ばれます。 本尊は薬師如来。 本尊真言…