日前神宮・國懸神宮:八雲ニ散ル花 木ノ国篇06

和歌山市秋月、紀ノ川河口付近に、あまり聞きなれない神を祀る、ちょっと変わった神社があります。 「日前神宮・國懸神宮」(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)です。 当社では、一つの境内に二つの神社が同列に祀られています。…

竈山神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇05

九州、物部族の王「彦渚武」の御子に「五瀬」がいた。 五瀬は紀元1世紀頃に、物部族の指導者にまで成長した。 「兄じゃ、ついに好機がきました。今こそ大和に向かうべきです。」 弟「三毛野」と「稲飯」は、兄「五瀬」の元に駆け寄り…

丹倉神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇04

自然を愛し、感謝し、そして畏怖した古代の日本人。 「熊野」の奥深い山中には、今なお連綿と続く人々の祈りが残されていました。 三重県熊野市の赤倉にある 「丹倉神社」(あかぐらじんじゃ)を目指して、森深い熊野の山中に車を走ら…

産田神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇03.5

花の窟神社の西方約1.5km、田園広がるのどかな場所に「産田神社」(うぶたじんじゃ)が鎮座します。 当地は、イザナミがカグツチを産んで亡くなった場所であると伝えられます。 入り口に「さんま寿司発祥の地」とあります。 産田…

花の窟神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇03

「 一書に曰く、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、火神を生み給う時に灼かれて神退去(かむさ)りましぬ。 故、紀伊國熊野の有馬村に葬(かく)しまつる。 土俗(くにびと)、此の神の魂(みたま)を祭るには、花の時には花を以って祭る…

伊太祁曽神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇02

一書に曰く、 素戔嗚尊(すさのおのみこと)曰く、 「韓郷の嶋には、是金銀有り。吾児の治める国に浮宝(船)有らざるは、よからず」 乃ち鬚(ひげ)髯(ほおひげ)を抜きて散つと、これ杉に成る。 又、胸の毛を抜き散と、これ檜に成…

大屋都姫神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇01

「母上、今日は珍しい花を見つけましたので、持って参りました。ここはとても緑美しく、母上の好きな花も年中咲いております。」 形の良い石を祀った小さな社に、毎朝半刻ほど、こうして参るのが高倉下の日課であった。 そこは豊かな川…

伊佐須美神社:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇 番外

福島県会津美里町にある岩代国一の宮にして陸奥国二の宮、会津総鎮守「伊佐須美神社」(いさすみじんじゃ)にふらり立ち寄りました。 伊佐須美神社は磐梯山と明神ヶ岳の間にあり、強いパワーがみなぎる神社だと云うことです。 また、四…