垂水遺跡(裏山寺)

修験の聖地「山形」、その懐は深い。 「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」で有名な山寺には、裏の聖地があるというので訪ねてみました。 そこで僕は、驚くべき自然の造形を目の当たりにします。 あ、トライポフォビア(集合体恐怖症)の…

立石寺(山寺):後編

そこにあるのは、嘉永元年(1848年)に再建されたけやき材の優美な門です。 門の中には朱塗りの厳つい仁王像が鎮座します。 左右に安置された仁王尊像は運慶の弟子たちの作といわれ邪心をもつ人を見抜き、この先への立ち入りを拒む…

立石寺(山寺):前編

「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」 「立石寺」(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院で、「山寺」(やまでら)の通称で知られています。 詳しくは「宝珠山阿所川院立石寺」(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称…

比婆山御陵:後編

さていよいよ御陵に向けて出発です。 ブッシュが深くなってきたので、熊除けの鈴を装着。 標識は細かく設置されており、道に迷うことはありません。 ただどこまでも、道は続きます。 比婆山(ひばやま)は、広島県庄原市にある標高1…

比婆山御陵:前編

ヒ☆バ☆ヒバゴンっ☆ そうだ!ヒバゴンに逢いに行こう♪ –––––––– ヒバゴンは、日本に生息すると言われている、類人猿型の未確認動物のひとつ。1970年代に、広島県比婆郡西城町油木・比婆郡比和町・庄原市(現在は全域が…

雄山神社:峰本社

文武天皇大宝元年、帝の夢に阿弥陀が出現し告げた。 「佐伯有若を越中の国司にすれば、国家は安泰となろう」 帝はすぐに、有若に勅命を出し、彼は嫡男・有頼とともに、越中国へむかうことになった。 ある日、辰巳(東南)の方角から白…

雄山神社:祈願殿

前立社壇から立山方面へ進む途中、立山連峰の玄関口に「芦峅寺」(あしくらじ)と呼ばれる場所があります。 そこに鎮座するのが雄山神社「中宮祈願殿」です。 祈願殿は神仏習合の時代、中宮寺・芦峅寺とも呼ばれていました。 境内には…

雄山神社:前立社壇

冨士・白山と並ぶ日本三霊山の一つ、霊峰立山。 その霊山を神体と崇める立山修験の源に「雄山神社」があります。 そこは峰本社、祈願殿、前立社壇からなる、三位一体の聖域でした。 富山県南東部,常願寺川の谷口に岩峅寺(いわくらじ…

丹生都比売神社

懸幕(かけまく)も恐(かしこ)き皇大御神(すめおおみかみ)を 歳の中に月を撰び、月の中に日を撰び定めて 霜月の秋の御門、仕えまつりて申さく。 高天原に神積(かんつま)ります、 天の石倉押し放ち、天の石門を忍し開き給ひ、 …

高野山-恵光院

高野山の楽しみの一つが「宿坊」(しゅくぼう)への宿泊です。 高野山には数多く宿坊があります。 ~僕のおすすめ:高野山の美しい景色と、とても細やかなお話を載せてくださているブログを紹介します~ 『クワウグワ記』 https…