国造神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 14

阿蘇神社の北にある「国造神社」(こくぞうじんじゃ)を訪ねます。 境内の手前には、少し小さめの古墳が二つあります。 「下御倉古墳」(しものおくらこふん)は「速瓶玉命」(はやみかたまのみこと)の妻、「雨宮媛命」(あまみやひめ…

草部吉見神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 13

神武が東征を為している頃、日子八井耳は日向高千穂より草部に入り、しばらく川走の窟に住んだ。 そんなある時、近くの池に大蛇が棲み、里人を困らせているという話を聞いた。 日子八井耳は池の水を干し、そこに現れた大蛇に向かって剣…

阿蘇神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 08

2016年4月16日、2回目の熊本大地震によって、阿蘇神社の楼門と拝殿は、崩壊してしまいました。 そこは阿蘇の国造りを行なったとされる「健磐龍命」(たけいわたつのみこと)を祀った、由緒ある古社のひとつです。 参拝者を最初…

伊野天照皇大神宮〜神功皇后紀 9

3月、薄暗い森に囲まれた敷地に数人の男と女がいた。その中央には、神がかり、豹変した女が一人。中臣烏賊はその女、神功皇后の中にいる神に問いかける。 「先日、大王に教えられたのはどこの神でございますか。その御名をお教え下さい…

八幡の藪知らず

千葉県市川市八幡の都会のど真中、住宅も賑わう一角に、「八幡の藪知らず」(やわたのやぶしらず)と呼ばれる竹藪の「禁足地」があります。 そこは、その名が「迷宮」の代名詞となっているように、「一度足を踏み入れると二度と出てこら…

岩屋神社

美しい紅葉を見たくなったら「岩屋神社」を訪れるのも良いです。ただし、ちょっとした冒険になることを心得ていればの話。 東峰村の山中にある「岩屋神社」は日田彦山線「筑前岩屋」からぐっと山奥に入ったところにあります。駅では平成…

貴船神社

赤い灯篭の連なる参道、京都のポスターやパンフレットで一度は目にしたことにある風景です。 水の社「貴船神社」を訪ねました。 貴船神社は、清らかな貴船川沿いにあり、水を司る神様の社。恋愛成就の神様としても人気のスポットです。…

鞍馬山

京都最大のパワースポットは?と問われれば、僕は「鞍馬山」と答えるでしょう。なぜなら鞍馬山の奥深くには、金星から魔王が降り立ったと伝わる場所があるからです。 風光明媚な景色を堪能できるのどかなローカル線「叡山電鉄」鞍馬駅を…

伏見稲荷大社

正しく異界。 伏見稲荷の千本鳥居をくぐっていると、この世ならざる世界に迷い込んだような錯覚を覚えます。しかしその更に奥、「伏見のお山めぐり」にこそ伏見稲荷大社の真髄はありました。 まずは本殿へとお参りに伺いましょう。 こ…

土器山(かわらけやま)

佐賀県の「九年庵」の近くにちょっと変わった山があります。土器山(かわらけやま)です。 土器山は八天山の別称。山頂で土器をもって神に祈りを捧げていたのが由来です。八天神社の境内に登山口があります。 土器山は標高429m、登…