国造神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 14

阿蘇神社の北にある「国造神社」(こくぞうじんじゃ)を訪ねます。 境内の手前には、少し小さめの古墳が二つあります。 「下御倉古墳」(しものおくらこふん)は「速瓶玉命」(はやみかたまのみこと)の妻、「雨宮媛命」(あまみやひめ…

草部吉見神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 13

神武が東征を為している頃、日子八井耳は日向高千穂より草部に入り、しばらく川走の窟に住んだ。 そんなある時、近くの池に大蛇が棲み、里人を困らせているという話を聞いた。 日子八井耳は池の水を干し、そこに現れた大蛇に向かって剣…

幣立神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 11

熊本県山都村、「九州のおへそ」と言われる場所にある聖地、 「幣立神社」(へいたてじんじゃ)を紹介することを、僕はちょっと躊躇っています。 熊本県上益城郡山都町、山都中島西ICから高千穂に向かう218号線沿いに、その神社は…

阿蘇神社:八雲ニ散ル花 アララギ遺文篇 08

2016年4月16日、2回目の熊本大地震によって、阿蘇神社の楼門と拝殿は、崩壊してしまいました。 そこは阿蘇の国造りを行なったとされる「健磐龍命」(たけいわたつのみこと)を祀った、由緒ある古社のひとつです。 参拝者を最初…

伊野天照皇大神宮〜神功皇后紀 9

3月、薄暗い森に囲まれた敷地に数人の男と女がいた。その中央には、神がかり、豹変した女が一人。中臣烏賊はその女、神功皇后の中にいる神に問いかける。 「先日、大王に教えられたのはどこの神でございますか。その御名をお教え下さい…

高森殿の杉

熊本の高森のちょっと奥にすごいところがありました。 近くまで車で行けるものの、道は細く荒いです。 ここは牧場の中。 道々には牛糞も落ちているので注意が必要です。 5分も歩かないうちにこんもりとした森が見えてきます。 トト…

摩周湖と神の子池

この日も早朝から車を走らせます。すると、思いがけない出会いがありました。 換毛期でやや細身の「キタキツネ」です。 親子のようで、しばらく僕のことも気にならない様子でじゃれあっていました。 さて、数ある湖の中でも世界屈指の…

ウトロ

北海道はとても広いので、1日フルに楽しむために、深夜のうちの、日が昇る前から車を走らせます。 向かう先は東の果て、知床。 知床が近づいてくると、奇岩が浮かぶ海が見えて来ました。 途中に鹿園がありましたが、道東では野生の鹿…

八幡の藪知らず

千葉県市川市八幡の都会のど真中、住宅も賑わう一角に、「八幡の藪知らず」(やわたのやぶしらず)と呼ばれる竹藪の「禁足地」があります。 そこは、その名が「迷宮」の代名詞となっているように、「一度足を踏み入れると二度と出てこら…

一関 厳美渓・猊鼻渓

一関には、有名な二つの渓谷があります。 「厳美渓」(げんびけい)と「猊鼻渓」(げいびけい)、二つの個性的な渓谷を訪ねてみました。 【厳美渓】 厳美渓(げんびけい)を訪れての第一印象は、「わりと小さい」でした。 思ったほど…

平泉 中尊寺

世界遺産「平泉」。奥州藤原氏の初代「清衡」が度重なる戦乱の中、争いのない仏国土、理想世界を目指して浄土思想をもとに作り上げたのが「中尊寺」と云います。 「中尊寺」に着くと、まずは高杉にかこまれた「月見坂」で森林浴を楽しみ…