山下影姫

投稿日:

p7241794-2017-10-2-06-00.jpg

武雄市山内、民家の裏手の丘の中に「黒男神社」があります。
武内宿禰伝承が色濃く伝わる地域で、武内大田根の母、「山下影姫」を祀る神社です。

p7241795-2017-10-2-06-00.jpg

神社はさびれた印象で、参道も枯れ枝などが放置されています。

p7241796-2017-10-2-06-00.jpg

中華統一を果たした嬴政(えいせい)は秦の始皇帝を名乗り、力による政治を行なったと云います。
統一を果たしたとはいえ、磐石とは言い難い状況に、自分の寿命の儚さを思った嬴政は、道士の「徐福」に、不老長寿の妙薬を探す旅に行かせます。
徐福がまずたどり着いたのは、出雲王国の西岸でした。
そこで徐福は出雲王の姫「高照姫」を妻に迎え、「五十猛」(いそたけ)を儲けます。
やがて出雲に不老長寿の妙薬を見出せなかった徐福は、妻と子を出雲に残して、一度秦国へ戻ってしまいます。

p7241797-2017-10-2-06-00.jpg

五十猛は徐福とともに渡来した民を率いて、丹波の地に移動します。
そこは天橋立と呼ばれる景勝地がある場所です。
丹波で五十猛は「香語山」(かごやま)王と名を変えます。
五十猛と一緒にやってきた渡来の民が後に「海部氏」となりました。
その聖地は今は元伊勢「籠神社」と呼ばれ、その奥に「天真名井」という磐座が設けられました。

p7241798-2017-10-2-06-00.jpg

香語山王は出雲の大国主「八千戈」王の孫娘「大屋姫」を后に迎え、その子「高倉下」(たかくらじ)が紀国国造となります。
ちなみに、再び佐賀平野に訪れた徐福は宗像三女神の三女「市杵島姫」を妻に迎え、「穂屋姫」を儲けます。
そして香語山王と穂屋姫の間に儲けた息子が、初代大和王朝の王「天村雲」となります。
つまり天村雲と高倉下は異母兄弟ということになります。

p7241799-2017-10-2-06-00.jpg

そして紀国国造の末裔に「山下影姫」の名が上がってくるのです。

p7241803-2017-10-2-06-00.jpg

黒髪神社の境内はこじんまりとして、少し物寂しい気配が漂っていました。

p7241800-2017-10-2-06-00.jpg

b_ornament-2017-10-2-06-00.jpg

p5011644-2017-10-2-06-00.jpg

福岡県小郡市力武に「竈門神社」(かまどじんじゃ)があります。

p5011647-2017-10-2-06-00.jpg

鳥居の扁額には「王母宮」とあります。

p5011648-2017-10-2-06-00.jpg

祭神は「玉依姫命」「高良玉垂命」そして「山下影姫命」となります。

p5011649-2017-10-2-06-00.jpg

ここは古墳の上に建っていて、ここに影姫は眠っていると言い伝えられています。

p5011652-2017-10-2-06-00.jpg

そこには開放的な境内が広がっていました。

p5011654-2017-10-2-06-00.jpg

山下影姫は紀国からやってきて、九州物部イニエ王(崇神天皇)の重鎮「彦布都押」(ひこふつおし)の后として迎えられ、武内大田根を産んだと云います。
しかしなぜか、紀国である和歌山では、影姫に関する伝承地が驚くほど希薄です。

p5011669-2017-10-2-06-00.jpg

それに対し、福岡から佐賀にかける一帯には、影姫を祀る神跡が複数見受けられ、その色濃さを感じさせます。

p5011670-2017-10-2-06-00.jpg

大和へ東征を目論んだイニエ王ですが、彼は結局九州を出ることなく、早世します。
彼に服した彦布都押は彼とともにあり、物部の里が広がる佐賀平野を拠点としたことは想像に難くありません。

p5011671-2017-10-2-06-00.jpg

であれば、遠く離れた紀国和歌山から、影姫が彦布都押の元へ嫁いでくるというのは、やや無理があるように感じてしまいます。

p5011659-2017-10-2-06-00.jpg

竈門神社の拝殿をのぞいてみると、数々の立派な絵馬に驚きました。

p5011660-2017-10-2-06-00.jpg

氏子さん達が大切に、信奉してきたことを伺わせます。

p5011662-2017-10-2-06-00.jpg

竈門神社といえば、主祭神は「玉依姫」となりますが、玉依姫は実在の人物ではなく、各地元の産土神の総称であるようです。
ここはやはり、山下影姫が永眠した聖地ということになるのではないかと思いました。

p5011665-2017-10-2-06-00.jpg

山下影姫の祖先は紀国の国造家だったのでしょう。
しかしその分家が九州の物部家を頼って、この地に根ざしたものと思われます。
筑後川沿線の三養基(みよき)郡は、もと基肄(キイ)郡と呼ばれていました。
基肄はつまり「紀伊」であるということです。

p5011655-2017-10-2-06-00.jpg

紀国は「木の国」が転じたもので、「き」から「きぃ」に変じたのだと思われます。

p5011656-2017-10-2-06-00.jpg

境内には石碑を多く見かけます。

p5011657-2017-10-2-06-00.jpg

よくみると何か文字のようなものが彫ってあります。

p5011666-2017-10-2-06-00.jpg

親子のように並ぶ石。

p5011667-2017-10-2-06-00.jpg

そこにも太古の痕跡が伺えました。
影姫は故郷の地で、穏やかな夢を見続けているのでしょう。

p5011668-2017-10-2-06-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中