尾道:御袖天満宮

千光寺から階段をぽつぽつと降りてくると、天寧寺の三重塔が見えてきます。 この景観は尾道のイメージとしてよく使用される構図です。 この天寧寺から艮神社の東側にかけて続く細い路地は「猫の細道」と呼ばれ、地域猫とアーティストの…

尾道:千光寺

「坂の街」「文学の街」「映画の街」おのみち。 林芙美子、志賀直哉に愛され、小津安二郎監督や大林宣彦監督を魅了した小さな港町が言わずと知れた「尾道」です。 愛媛ドライブの途中、そういえば娘から職場の社長さんに尾道のおすすめ…

鬼のさし上げ岩:八雲ニ散ル花 吉備王篇 07

吉備の中山で出会ったご婦人の妖精がささやきます。 「鬼ノ城にお行きなさいな」 まるでロールプレイングゲームの主人公のように、僕は鬼ノ城を目指すのでした。 真っ白。。 雨が降って来ました。 「鬼ノ城」(きのじょう)は、岡山…

サムハラ神社 奥宮

「呼ばれなければ辿り着けない」 そう噂される「サムハラ神社 奥宮」を訪ねてきました。 呼ばれなければ辿り着けない、というフレーズの場所を他にいくつか訪ねましたが、まあ辿り着けます。 そんな大仰なものではありません。が、そ…

伊豆能賣:八雲ニ散ル花 欄外

くるま座さんの話を聞いて、気になってやってきました。 『人麿古事記と安万侶書紀』にも書かせていただいた「熊野道祖神社」です。 久那斗神・八衢比古神・八衢比売神を祀る、福岡の出雲。 「あそこに伊豆能賣が祀られているよね」 …

中山神社:八雲ニ散ル花 吉備王篇 06

岡山県津山市一宮に鎮座の「中山神社」(なかやまじんじゃ)へやってきました。 参道入口に妖怪チックなケヤキの御神木があります。 「ぐへへ、おいてけ~」 津山市指定天然記念物です。 妖怪樹さんは樹齢約800年とされ、尼子の兵…