十日恵比須『かち詣り』

令和2年1月9日、十日恵比須神社の「正月大祭」、いわゆる「十日えびす」のお祭りに出かけてきました。 今回のお目当ては見目麗しい芸妓さんの「かち詣り」です。 福岡の十日恵比須神社は、普段は閑散とした小さな神社ですが、この日…

大善寺玉垂宮『鬼夜』:後半

ついに待ちに待った「鬼夜」のハイライト。 緊張で胸が熱くなります。 激しい雨風の予報でしたが、空には月も浮かび、暖かく穏やかな夜となりました。 この月明かりも、当神事では重要な役割を果たします。 PM7:00 『若衆の境…

大善寺玉垂宮『鬼夜』:前半

「鬼夜」(おによ)、それは福岡県久留米市大善寺に伝わる勇壮な火祭り。 しかしいざ訪ねてみると、何かちりりと、胸の奥が切なくなったのでした。 令和2年1月7日 PM1:00 「大善寺玉垂宮」(だいぜんじたまたれぐう)に到着…

切幡寺:四国八十八箇所霊場 第十番札所

四国八十八箇所霊場の第十番札所、「得度山 灌頂院 切幡寺」(とくどざん かんじょういん きりはたじ)は、お遍路で最初に迎える難所と言えます。 細い山道をひたすら車を走らせ、駐車場に停めてからの道のりもなかなかなものでした…

法輪寺:四国八十八箇所霊場 第九番札所

四国八十八箇所霊場の第九番札所、「正覚山 菩提院 法輪寺」(しょうかくざん ぼだいいん ほうりんじ)。 本尊:涅槃釈迦如来。 本尊真言「のうまくさんまんだ ぼだなん ばく」 ご詠歌「大乗の 誹謗もとがも ひるがえし 転法…

熊谷寺:四国八十八箇所霊場 第八番札所

四国八十八箇所霊場の第八番札所の「普明山 真光院 熊谷寺」(ふみょうざん しんこういん くまだにじ)です。 立派な仁王門が少し離れた場所にありました。 ぐいぐい車で登っていきます。 広い駐車場に車を停めると、これまた立派…

十楽寺:四国八十八箇所霊場 第七番札所

四国八十八箇所霊場の第七番札所、「光明山 蓮華院 十楽寺」(こうみょうざん れんげいん じゅうらくじ)です。 本尊は阿弥陀如来坐像、脇侍は観音菩薩立像と勢至菩薩立像で3躰とも鎌倉期の作と伝えられます。 本尊真言「おん あ…

安楽寺:四国八十八箇所霊場 第六番札所

四国八十八箇所霊場の第六番札所、「温泉山 瑠璃光院 安楽寺」(おんせんざん るりこういん あんらくじ)です。 本尊は薬師如来。 本尊真言「おん ころころ せんだりまとうぎ そわか」 ご詠歌「かりの世に 知行争う むやくな…

筥崎宮『玉せせり』

令和2年1月3日、福岡市東区箱崎の「筥崎宮」(はこざきぐう)へ参拝してきました。 目的は半裸の男衆たちが組んず解れつの大乱闘を見せる「玉せせり」。 その勇姿をしっかり目に焼き付けてきました。 筥崎宮本殿へ、「お汐井とり」…

令和2年初詣

2020年1月1日、令和初の元旦は晴天との予報でしたので、初日の出を見ようと車を走らせました。 場所は脊振山山頂。 脊振山山頂までは車で上ることができます。 広めの駐車場もあり、そこから5分も登れば山頂に。 が、さすがに…

出ヅ芽

天照す いづ芽が国の 皇きの 言祝ぎ賜て 我跪き 新春明けまして おめでとうございます 幸多き一年でありますよう、心よりお慶び申し上げます Chi.

年の瀬

令和元年も年の瀬。 今年は体調不良と人手不足で大変な年末でしたが、いよいよゴールが見えてきました。 が、webを覗けば、腹立たしい記事ばかりが目立って、嫌な気分になっています。 最近では除夜の鐘の音にクレームをつけるバカ…