十可苑:佐賀の嵐山

投稿日:

pb170212-2017-11-8-13-00.jpg

九州の嵐山「十可苑」(じっかえん)へ出かけてみました。

pb170206-2017-11-8-13-00.jpg

佐賀の奥座敷とも称される十可苑は、1万5,000坪の敷地を持つ日本情緒あふれる庭園です。

pb170217-2017-11-8-13-00.jpg

佐賀藩の藩主鍋島候の別荘「十可亭」とその敷地を使って庭園が造られ、春と秋の2回、一般公開されています。

pb170287-2017-11-8-13-00.jpg

園内に入ると、滝や川もあります。

pb170257-2017-11-8-13-00.jpg

山の斜面を活かして立体的に造られた庭園は、まるで深山幽谷の趣です。

pb170248-2017-11-8-13-00.jpg

当然、結構階段や坂道もあります。

pb170249-2017-11-8-13-00.jpg

歩きやすい靴で散策されることをお勧めします。

pb170237-2017-11-8-13-00.jpg

幕末期「肥前の妖怪」と呼ばれた鍋島直正公も特に愛したと云う十可苑、

pb170251-2017-11-8-13-00.jpg

きつい階段も、のんびり登れば楽しくなって来ます。

pb170255-2017-11-8-13-00.jpg

川の流れを辿って登った先には、

pb170261-2017-11-8-13-00.jpg

「孫の滝」があります。

pb170262-2017-11-8-13-00.jpg

この滝の水は金立山から流れているようで、鍋島家の姫君がお茶を点てたと伝えられます。

pb170273-2017-11-8-13-00.jpg

苔むした岩を登り切れば、

pb170274-2017-11-8-13-00.jpg

佐賀の遠景が見れました。

pb170275-2017-11-8-13-00.jpg

西の方へ向かってみます。

pb170286-2017-11-8-13-00.jpg

紅葉に彩られた道が美しいです。

pb170280-2017-11-8-13-00.jpg

そこにはなぜか、アームストロング砲がありました。

pb170282-2017-11-8-13-00.jpg

レプリカのようです。

pb170216-2017-11-8-13-00.jpg

苑内には美術館もあります。

pb170290-2017-11-8-13-00.jpg

期間限定ではありますが、休日が合うなら、のんびり散策してみるのも良いところです。

pb170276-2017-11-8-13-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中