佐紀陵山古墳(日葉酢媛命陵):斎王 序

投稿日:

p9052381-2018-03-17-23-00.jpg

奈良市山陵町(みささぎちょう)は、住宅がひしめく中、その地名が示すように数多くの古墳も密集する地域です。
その古墳の代表的なものには、「神功皇后陵」なども存在します。

p9052363-2018-03-17-23-00.jpg

山陵町にある「佐紀陵山古墳」(さきみささぎやまこふん)は、前方後円墳で、佐紀盾列古墳群を構成する古墳の1つ。

p9052377-2018-03-17-23-00.jpg

被葬者は宮内庁により「狭木之寺間陵」(さきのてらまのみささぎ)として第11代垂仁天皇(イクメ大王)の后、「日葉酢媛」(ヒバス姫)の陵に治定されています。

p9052366-2018-03-17-23-00.jpg

御陵というのは、天皇家に関わる古墳ということで、なかなか調査することが厳しいとされていますが、佐紀陵山古墳は大正時代に盗掘事件が発生し、無事奪還された埋葬品によってかなりの規模の調査が実施されました。

p9052380-2018-03-17-23-00.jpg

当古墳の埋葬者とされる「ヒバス姫」は大和王朝の「彦道主大王」の娘でしたが、父の王国を征服した物部のイクメ大王に、父ら一族の便宜をはかってもらうために后となりました。
イクメ大王としても、出雲王家の血を引くヒバス姫は、当てにしていた豊来入姫の代わりに三輪山を祭祀させ、民衆の人気を得るために必要な人でした。

p9052376-2018-03-17-23-00.jpg

イクメ大王は、先に没したヒバス姫と自分のために、古墳を造ることにします。
このとき、古墳先進国の出雲に、技術者を求めました。
そこで野見宿祢の子孫である、向家の子息が大和に出向き、奈良の尼辻と佐紀にそれぞれの古墳を造りましたが、このとき初めて埴輪が埋葬されたと云うことです。

p9052372-2018-03-17-23-00.jpg

日本書紀の記述には、それまで古墳に、一緒に奴隷や召使いが生き埋めされることがあったのを、代わりに人型埴輪を埋めるよう、「野見宿禰」が提案したと書かれています。
出雲人は、その後も大王家の古墳造りと埴輪作りを任されることになり、そのため野見宿禰の子孫は、土師氏(はじし)と呼ばれるようになりました。

p9052369-2018-03-17-23-00.jpg

ただ、当古墳が制作される頃には既に野見宿禰は毒殺され、他界しています。
実際に埴輪を創作したのは彼の子孫ということになるでしょう。
そしてイクメ大王のころ使われた埴輪は、円筒型の埴輪だけであったそうで、人型や家や動物の埴輪が世に誕生するのは、後の時代になってからと云うことです。

p9052371-2018-03-17-23-00.jpg

ヒバス姫には5人の子がいたと云いますが、その一人が「忍代別」(オシロワケ)であり、後に景行天皇と呼ばれた人です。
そして三輪山の姫巫女として信心深いヒバス姫の性格をよく受け継いだ姫が「大和姫」でした。
彼女は三輪山の太陽の女神を、より良い場所に祀るべきだと考え、御神体を伊勢に遷宮したその人でした。
大和姫は日本最初の「斎王」となったのです。

p9052373-2018-03-17-23-00.jpg

斎王とは、天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため、天皇の代替りごとに皇族女性の中から選ばれて、都から伊勢に派遣された巫女のことです。
制度上の最初の斎王は、天武天皇の娘「大来皇女」(おおくのこうじょ)で、制度は後醍醐天皇の時代まで約660年間続き、その間には60人余りの斎王がいたとされます。

p9052375-2018-03-17-23-00.jpg

話は戻りますが、忌部子人が出雲国司のとき、出雲王国と大和王国の歴史は神話に書き換えられたと云います。
ヒバス姫はがイザナミのモデルとされ、稲葉国と出雲国との国境の山「比婆山」に葬られる話が作られました。
イクメ大王はイザナギのモデルとされ、出身地である都万国の橘の小戸において禊をする話が作られたと云うことです。

p9052379-2018-03-17-23-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中