石宮神社

投稿日:

4230858-2018-04-26-23-00.jpg

「所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)が狩をされたとき、追いかけられた猪の形がこの郷の南の山に2つある。
また、その猪を追いかけた犬の形もある。
その形はどれも石になっていて、猪と犬とは見分けがつかないように同じ石である。
それが現在でもそのままにあるので、猪(しし)の像(かた)のあるところという意味で『宍道』というのである。」

加藤義成著『修訂出雲国風土記参究』

c1d-2018-04-26-23-00.jpg

4230849-2018-04-26-23-00.jpg

松江市宍道町にある「石宮神社」(いしのみやじんじゃ)を訪れました。
出雲国風土記にある「所造天下大神命」とは大国主のことを指しているようで、ここに大国主に狩で追いかけられたイノシシが石になったものがあると伝えています。

4230851-2018-04-26-23-00.jpg

鳥居の右にあるこの巨石がそのひとつ。

4230855-2018-04-26-23-00.jpg

なかなかの迫力ですが、

4230860-2018-04-26-23-00.jpg

まあ、イノシシといえばイノシシに、見えなくもなくもない感じです。

4230854-2018-04-26-23-00.jpg

もう一体あるというイノシシの石は、鳥居の左側、大木の奥にあります。

4230857-2018-04-26-23-00.jpg

なるほど、

4230859-2018-04-26-23-00.jpg

ちょっと「乙事主さま」に見えちゃいました。

4230861-2018-04-26-23-00.jpg

乙事主さまの奥にも巨岩があります。

4230862-2018-04-26-23-00.jpg

この猪の道ということから、「宍道」(ししぢ)となり、それが転じて「しんじ」となったと伝えられています。
しじみが取れるから宍道湖となったと思っていたのは、僕ばかりではないはずです。

4230864-2018-04-26-23-00.jpg

「宍」(しし)とは本来、食肉となる動物を指すようで、主に鹿と猪をシシと呼んでいました。
さらに鹿と猪を区別するため、鹿を「かのしし」、猪を「ゐのしし」と呼んだそうです。

4230877-2018-04-26-23-00.jpg

ところで拝殿は境内ギリギリに建っており、腰をかがめた時よろめくと、石の塀から落ちてしまいます。
なぜこのようなギリギリに建っているかというと、

4230865-2018-04-26-23-00.jpg

後ろに回って見ると、

4230866-2018-04-26-23-00.jpg

何かが祀ってありました。

4230867-2018-04-26-23-00.jpg

これは「犬石」と呼ばれ、大国主の狩に共した犬の姿だと伝えられています。

4230876-2018-04-26-23-00.jpg

この犬石が当社の御神体であり、本殿はなく、直接祀る形になっています。
なので、拝殿はどうしても、この位置になってしまったのであろうと思われます。
同じく宍道町にある女夫岩も、地元では「ししいわ」と呼ばれ、こちらが伝承のイノシシの岩であるという見解もあるようです。

4230874-2018-04-26-23-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中