不入道観音

投稿日:

1020240-2019-01-7-09-38.jpeg

那珂川の中流にある小さな村社「日吉神社」は、年初に、いつも訪れるところです。

1020242-2019-01-7-09-38.jpeg

珍しい下り宮の当社は、普段はひと気もなく、暇な時は僕は、境内でごろごろしてたりします。

1020246-2019-01-7-09-38.jpeg

当社の祭神は「猿田彦」であるということですが、とある霊能者は、ここには女神がいらっしゃるという話をされたそうです。

1020244-2019-01-7-09-38.jpeg

以前から当地は懐かしい、心安らぐ気がしていましたが、そんな話を伺って妙に納得したものです。

1020245-2019-01-7-09-38.jpeg

ただ、参拝者の少ない当社で、その女神はいつも寂しそうにしているとのことなので、もっと足しげく通うべきなのかもしれません。

1020248-2019-01-7-09-38.jpeg

お正月ばかりは、人の姿もそこそこに見え、姫神も嬉しそうにしているような、そんな気がしました。

1020254-2019-01-7-09-38.jpeg

またこの神社の横にある杜の清々しさ。

1020256-2019-01-7-09-38.jpeg

御神木のオガタマノキも優しく見下ろし、

1020259-2019-01-7-09-38.jpeg

たくさんのマイナスイオンを降り注いでくれます。

1020260-2019-01-7-09-38.jpeg

風に揺れる葉の音、

1020257-2019-01-7-09-38.jpeg

周りを流れる川のせせらぎなど、いつ訪ねても、本当にここが好きなんだなと思わせられるのです。

1020262-2019-01-7-09-38.jpeg

c1d-2019-01-7-09-38.jpg

1020324-2019-01-7-09-38.jpeg

さて、日吉神社から少し福岡方面に向かったところは、「不入道」(ふにゅうどう)と呼ばれます。

1020263-2019-01-7-09-38.jpeg

その奥に進んだところに、「不入道の滝」という場所があります。

1020264-2019-01-7-09-38.jpeg

かつて福岡市南区の老司というところに住んでいた僕は、「不入道行き」と表示された西鉄バスに乗るたびに、変な地名だなと思っていました。

1020265-2019-01-7-09-38.jpeg

その場所に、こんな滝場があると知ったのは、今から十数年前のこと。

1020266-2019-01-7-09-38.jpeg

そう、不入道の滝は滝行の修行場となります。
参道を進むと、着替場がありました。

1020269-2019-01-7-09-38.jpeg

その先に修行場がありますが、川を挟んだ対岸に、

1020267-2019-01-7-09-38.jpeg

いくつかの御堂があります。

1020273-2019-01-7-09-38.jpeg

そこには修行大師の涅槃像や、

1020275-2019-01-7-09-38.jpeg

子安観音、

1020276-2019-01-7-09-38.jpeg

ちょっと奥まったところに

1020279-2019-01-7-09-38.jpeg

愛宕将軍地蔵が祀ってあります。

1020281-2019-01-7-09-38.jpeg

愛宕将軍は、勇ましく馬にまたがっています。

1020278-2019-01-7-09-38.jpeg

そこから元の対岸を見渡すと、大小の御堂が見えていました。

1020283-2019-01-7-09-38.jpeg

c1d-2019-01-7-09-38.jpg

1020282-2019-01-7-09-38.jpeg

お滝場のあたりに来てみると、たくさんの像や石碑が立ち並んでいます。

1020284-2019-01-7-09-38.jpeg

ところで不入道という不思議な名前の由来は?と調べてみました。

1020289-2019-01-7-09-38.jpeg

『筑前國続風土記』によると、
「むかし背振山盛なりし時は、守護不入の地なりと云、此所より上すべて守護不入なりし故に、名付しならん。」
と記されています。

1020286-2019-01-7-09-38.jpeg

かつて当地は、絶大な勢力を持っていた背振山東門寺の寺領でした。
なので「ここより上は霊地であり、税の取り立てのために役人が立ち入ることを禁ず」としたことが、名の由来だということのようです。

1020291-2019-01-7-09-38.jpeg

境内でひときわ大きな本堂と思わしき御堂に向かいます。

1020292-2019-01-7-09-38.jpeg

『筑前國続風土記附録』には、「不入道瀧」の項目に、「大岩あり。梵字を彫刻せり。瀧の観音といふ」と記されているそうです。

1020293-2019-01-7-09-38.jpeg

ここに祀られるご本尊の「十一面観音菩薩」を覗いてみると、

1020295-2019-01-7-09-38.jpeg

大きな岩が祀られています。
なんとなく梵字のようなものが彫られた跡が見受けられます。
これが十一面観音なのでしょうか。

1020318-2019-01-7-09-38.jpeg

本堂を出ると、奥の院へ続くとされる階段があります。

1020300-2019-01-7-09-38.jpeg

滝を横に見つつ登っていくと、

1020303-2019-01-7-09-38.jpeg

奥の院と思われる小さな祠があります。

1020305-2019-01-7-09-38.jpeg

下を見下ろすと、3本に取り分けた滝場が見えています。

1020302-2019-01-7-09-38.jpeg

そこからさらに裏に回る道があり、

1020315-2019-01-7-09-38.jpeg

大岩を回り込むように進むと、

1020311-2019-01-7-09-38.jpeg

数体の地蔵が祀られていました。

1020306-2019-01-7-09-38.jpeg

ここは岩陰ということもあり、陰の気が満ちているようです。

1020312-2019-01-7-09-38.jpeg

さすがにちょっと、ゾクッと来ました。

1020308-2019-01-7-09-38.jpeg

そびえる大岩を撮影していると、背中がゾワゾワしてきます。

1020314-2019-01-7-09-38.jpeg

なので早々に退散しました。

1020316-2019-01-7-09-38.jpeg

表に出ると陽の気が降り注ぎ、ホッと一息つけました。

1020319-2019-01-7-09-38.jpeg

帰りに気づきましたが、奥に御神水が設けてありました。

1020320-2019-01-7-09-38.jpeg

あえて口にはしませんでしたが、清らかな水が流れる聖地ですので、美味しい水なのでしょう。

1020321-2019-01-7-09-38.jpeg

910-2019-01-7-09-38.jpg911-2019-01-7-09-38.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください