佐世保要塞 石原岳堡塁

投稿日:

3160139-2020-03-17-23-01.jpeg

海上自衛隊、海上保安庁、米海軍が密集する軍港の町「佐世保」。
しかし丘に登れば、戦時中のその佐世保軍港の防備のために設置された陸軍の遺構が残されています。
そのひとつ、「石原岳堡塁」(いしはらだけほうるい)を訪ねてみました。

3160084-2020-03-17-23-01.jpeg

石原岳堡塁は石原岳森林公園の中にありました。
公園の中には数台の駐車スペースも整備されています。

3160085-2020-03-17-23-01.jpeg

公園内はキャンプもできるようになっています。

3160086-2020-03-17-23-01.jpeg

公園の中心に歩いて行くと、すぐにこの景色。
背中がざわつきます。

3160087-2020-03-17-23-01.jpeg

中央の階段から下を覗き込むと、歴史を感じさせる、連なった「棲息掩蔽部」(せいそくえんぺいぶ)が見て取れます。

3160096-2020-03-17-23-01.jpeg

降りてみましょう。

3160088-2020-03-17-23-01.jpeg

ラピュタの島と呼ばれる「友ヶ島」はまだ未訪問ですが、その写真で見たような景色が広がっています。

3160089-2020-03-17-23-01.jpeg

とても綺麗に清潔に管理されていますが、程よくツタなどが絡み、ラピュタ感あります。

3160093-2020-03-17-23-01.jpeg

「掩蔽」(隠蔽)して「棲息」するための建造物、故に棲息掩蔽部。
弾薬・火薬や物資を格納するとともに、兵士の宿舎としても機能していたようです。

3160092-2020-03-17-23-01.jpeg

内部は真っ暗ですが、カメラの感度を上げて撮影。
奥に各部屋を行き来する通路が設けられています。

3160094-2020-03-17-23-01.jpeg

中央の橋のアーチも良い雰囲気でロマンティック。

3160095-2020-03-17-23-01.jpeg

機能的なだけでなく、芸術的とも言える建築センスに脱帽です。

3160116-2020-03-17-23-01.jpeg

写真を撮りつつぶらぶら散策していると、丁度管理の方がいらっしゃって言います。
「洞窟の電気をつけましょうか?」

3160119-2020-03-17-23-01.jpeg

なぬ?電気!?
是非にとお願いしました。
これで棲息掩蔽部に明かりが灯るようです。

3160115-2020-03-17-23-01.jpeg

で、ふと一番奥の小さな通路が気になりました。
これは何?

3160097-2020-03-17-23-01.jpeg

見ると奥に奥に、真っ暗な道が通じています。

3160100-2020-03-17-23-01.jpeg

これはやばい。
電気つけてもらわなかったら、絶対に入れないところでした。
ここには久米島仙人もいないし。

3160102-2020-03-17-23-01.jpeg

ずいずい歩いて行くと、階段がありました。

3160103-2020-03-17-23-01.jpeg

その先は二手に分かれています。
ってか怖い、悪魔でも出てきそう。

3160105-2020-03-17-23-01.jpeg

左の部屋。
奥に通路のようなものが見えますが物置で行き止まりです。

3160109-2020-03-17-23-01.jpeg

続いて右の部屋。

3160114-2020-03-17-23-01.jpeg

同じです。
怖っ!
閉所恐怖症の人は耐えきれないでしょう。
でもここはなんの部屋?
悪魔崇拝のミサが行われていたのでしょうか?

3160108-2020-03-17-23-01.jpeg

いえ、ここは「側防窖室」(そくぼうこうしつ)と言って、この細い窓から銃を覗かせて、外敵を撃つ部屋でした。
すげえな。

3160135-2020-03-17-23-01.jpeg

階段を昇って丘の上に向かいます。

3160121-2020-03-17-23-01.jpeg

そこにも3つの棲息掩蔽部のほか、

3160125-2020-03-17-23-01.jpeg

3つの砲台跡がありました。

3160124-2020-03-17-23-01.jpeg

明治22年(1889年)に佐世保鎮守府が開かれ、大日本帝国海軍の根拠地としての佐世保軍港が築造されました。

3160127-2020-03-17-23-01.jpeg

その佐世保軍港を防衛するため大日本帝国陸軍の佐世保要塞が計画され、明治30年(1897年)より築造が開始されたといいます。

3160136-2020-03-17-23-01.jpeg

堡塁とは、敵の攻撃を防ぐために、石・土砂・コンクリートなどで構築された陣地のことを言います。

e4bd90e4b896e4bf9de8a681e5a19e-2020-03-17-23-01.jpg

佐世保要塞は佐世保湾の北に高後崎砲台、小首砲台、丸出山堡塁、
佐世保市の北と西に牽牛崎堡塁砲台、前岳堡塁、
佐世保湾の南に面高堡塁砲台とこの石原岳堡塁が築かれました。

3160137-2020-03-17-23-01.jpeg

堡塁は、銃座、砲座、指揮所、観測所、兵舎や弾薬庫となる掩蔽棲息部、交通路等からなり、これら複数の堡塁を結んで巨大な防衛線となっています。

3160140-2020-03-17-23-01.jpeg

石原岳堡塁では、標高73~77mの高さの砲台に、クルップル式10cmカノン砲6門、鋼製9cm臼砲4門、砲座数7基を備えていました。

3160138-2020-03-17-23-01.jpeg

しかしながらこれらの設備は陸戦、もしくは対艦射撃用を想定して建設されたものであり、航空機が実用化されるようになると廃れていきました。
上空から偵察や攻撃には全く無力だったのです。
また当堡塁は、日露戦争で一発の砲弾も発射されることなく終戦を迎えたということでした。

3160143-2020-03-17-23-01.jpeg

c1d-2020-03-25-17-10.jpg

3230572-2020-03-25-17-10.jpeg

補足です。
ブログを書きながら調べていると、公園の裏手に、あの悪魔教のミサ部屋があるというので、翌週再び訪ねてみました。

3230573-2020-03-25-17-10.jpeg

いえ、「側防窖室」です。

3230575-2020-03-25-17-10.jpeg

公園の外周を半周ほどすると、何やら見えてきました。

3230576-2020-03-25-17-10.jpeg

側防窖室の外観です。

3230578-2020-03-25-17-10.jpeg

やはり悪魔教の匂いがします。

3230580-2020-03-25-17-10.jpeg

この穴から銃身をのぞかせ、僕のような侵入者を撃ち殺す算段だったのでしょう。

3230581-2020-03-25-17-10.jpeg

あなおそろしや。

3230584-2020-03-25-17-10.jpeg

またしばらく歩くと、

3230592-2020-03-25-17-10.jpeg

今度は独立した側防窖室がありました。

3230586-2020-03-25-17-10.jpeg

せっかく入口があるので、入ってみましょう。

3230587-2020-03-25-17-10.jpeg

ひぃーこわい。

3230589-2020-03-25-17-10.jpeg

ここは逃げ道もなく、入ったらやるかやられるかの世界です。

3230590-2020-03-25-17-10.jpeg

兵隊さんは本当に、いろんな意味で勇敢でないと務まりませんね。

3230585-2020-03-25-17-10.jpeg

戦争なんて2度と起きないことを祈るばかりです。

3230593-2020-03-25-17-10.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください