志賀高原の紅葉

投稿日:

a050112-2020-10-10-07-40.jpeg

長野から群馬へ向かう途中、ナビに任せるままに車を走らせていると、志賀高原に来ていました。

a050108-2020-10-10-07-40.jpeg

すると横目に見事な紅葉が見えたので、先の駐車スペースに車を停め、少し寄り道を。

a050087-2020-10-10-07-40.jpeg

そこは「一沼」(いちぬま)と呼ばれる、志賀高原入口にあたる湖でした。

a050113-2020-10-10-07-40.jpeg

木道がありましたので、そちらの方へ。

a050093-2020-10-10-07-40.jpeg

いやあ、絶景かな。

a050091-2020-10-10-07-40.jpeg

赤と緑のコントラストが素敵です。

a050097-2020-10-10-07-40.jpeg

シダっぽい何かも紅葉していますね。

a050102-2020-10-10-07-40.jpeg

道路側からは、立ち昇る霧も見えます。

a050106-2020-10-10-07-40.jpeg

紅葉にはまだ早いと思っていたので、予想外のプレゼント。

a050105-2020-10-10-07-40.jpeg

コロナで鬱々した気分にも目の保養です。

pa050110-2020-10-10-07-40.jpeg

ロマンティックですね。

a050103-2020-10-10-07-40.jpeg

c1d-2020-10-10-07-40.jpg

a050118-2020-10-10-07-40.jpeg

志賀高原には一沼以外にも、たくさんの湖沼が点在しています。

a050117-2020-10-10-07-40.jpeg

「丸池」(まるいけ)もその一つ。

a050120-2020-10-10-07-40.jpeg

丸池には鳥居があり、

a050121-2020-10-10-07-40.jpeg

水神が祀られているようでした。

a050122-2020-10-10-07-40.jpeg

c1d-2020-10-10-07-40.jpg

a050123-2020-10-10-07-40.jpeg

「木戸池」(きどいけ)は紅葉こそこれからでしたが、霧がかって神秘的でした。

a050124-2020-10-10-07-40.jpeg

白樺の可憐な姿が湖面に映ります。
まさに妖精が棲む森。

a050126-2020-10-10-07-40.jpeg

c1d-2020-10-10-07-40.jpg

a050131-2020-10-10-07-40.jpeg

292号線をそのまま草津に向かう予定でしたが、濃霧のため万座方面に迂回することに。
万座ハイウェーをゆるゆる走っていると、「弦ヶ池」(つるがいけ)という小さな池が目に留まりました。

a050133-2020-10-10-07-40.jpeg

車を降りて見ると、これまた違ったオレンジの紅葉が。

a050135-2020-10-10-07-40.jpeg

弦ヶ池はもともと「鶴ヶ池」だったとか。

a050137-2020-10-10-07-40.jpeg

また、弓矢の弦を沈めたからその名がついたという話も伝わっています。

a050139-2020-10-10-07-40.jpeg

万座温泉といえば、戦国時代には知られた秘湯。
戦勝祈願がなされた聖沼だったのかもしれません。

a050142-2020-10-10-07-40.jpeg

3件のコメント 追加

  1. 創る塾 より:

    良かったです(^^)

    いいね: 1人

  2. 創る塾 より:

    あらら!
    お近くにいるのですね(^^)

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      すみません、もう帰ってきました😅
      台風の影響でギリギリでした!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください