木田神社

投稿日:

b170248-2021-08-14-12-40.jpeg

福井市西木田に鎮座の「木田神社」(きだじんじゃ)に立ち寄りました。

b170249-2021-08-14-12-40.jpeg

龍を象った手水は珍しくありませんが、横向きなのは面白い。

b170250-2021-08-14-12-40.jpeg

貞観13年(871年)、常国守の発願によって尾張国津島神社から建速須佐之男を勧請して奉斎したのが始まりとされ、当初は牛頭天王宮(ごずてんのうぐう)と称したと云います。

b170263-2021-08-14-12-40.jpeg

しかし社記によれば、元の表記は「気多」であったとされ、いつしか「木田」と書き表すようになったとのこと。
ならば能登国一宮「氣多大社」との関連が気になります。

b170267-2021-08-14-12-40.jpeg

祭神が建速須佐之男ならば秦氏系の神社ということになりますが、氣多大社からの勧請であれば、真の祭神は出雲系であるということになります。

b170252-2021-08-14-12-40.jpeg

境内には蛭児宮(えびすのみや)があり、事代主祭祀も匂わせていました。

b170266-2021-08-14-12-40.jpeg

c1d-2021-08-14-12-40.jpg

b170251-2021-08-14-12-40.jpeg

境内の絵馬のうち、「厄」と書かれたものは何故か逆さま。

b170262-2021-08-14-12-40.jpeg

古来より、絵馬を逆さにすることによって厄が落ちるのだそうです。

b170253-2021-08-14-12-40.jpeg

木田神社摂社のうち、蛭児宮は別格の扱いでしたが、もう一つ気になる社が。

b170254-2021-08-14-12-40.jpeg

「晴明神社」です。

b170255-2021-08-14-12-40.jpeg

「古老の話しによりますと、晴明が北陸巡遊のみぎり、木田東町に立ち寄られ、求めに応じて火伏せの法を厳修されました。
それ以来、不思議にもこの町内には家事が絶えましたので、人々は晴明社を建ててこれを祀りました。」

b170256-2021-08-14-12-40.jpeg

さて安倍晴明が実在か、非実在か、

b170258-2021-08-14-12-40.jpeg

それはともかく晴明のご利益とやらで、1日も早く元の気楽な旅日和が戻りますよう、畏み申すのである。

b170268-2021-08-14-12-40.jpeg

711e69ca8e794b0e7a59ee7a4be01-2021-08-14-12-40.jpg713e69ca8e794b0e7a59ee7a4be03-2021-08-14-12-40.jpg712e69ca8e794b0e7a59ee7a4be02-2021-08-14-12-40.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください