九十九里浜:語家~katariga~ 21

投稿日:

3160826-2021-12-25-07-07.jpg

『里人の われに告ぐらく 汝が恋ふる 愛(うつく)し夫(つま)は もみじ葉の 散り乱れたる 神名火の この山辺から ぬばたまの 黒馬に乗りて 川の瀬を 七瀬渡りて うらぶれて 夫は会ひきと 人そ告げつる』(3303)
「里人が私に言うのよ。あなたが恋する立派な夫は、もみじ葉が散り乱れる三輪山の山辺から黒馬に乗って川の瀬を何度も渡り、その先で悲しそうに沈んでいたよと」

『聞かずして 黙然(もだ)あらましを 何しかも 君が正香(ただか)を 人の告げつる』(3304)
「そんな話、ああもう耳をふさいで聞かなければ良かったわ。あの人はどうして夫の様子を私に知らせてくれたのかしら、いらぬお世話だわ」

c1d-2021-12-25-07-07.jpg

3160809-2021-12-25-07-07.jpg

2021年春、僕は朝日が昇る九十九里浜へ向かっていました。

mg_6696-2021-12-25-07-07.jpg

夜は「潮彩」さんで

mg_6691-2021-12-25-07-07.jpg

刺身定食をいただきました。

mg_6695-2021-12-25-07-07.jpg

豪華刺身8点盛りでこの安さ。

mg_6692-2021-12-25-07-07.jpg

さしみ太っとい。
そして濃厚な磯の旨味♪

mg_6699-2021-12-25-07-07.jpg

昼は橋本食堂さんで

mg_6706-2021-12-25-07-07.jpg

ジューシーなうなぎをぺろり。

mg_6702-2021-12-25-07-07.jpg

白焼きもいただいちゃいました♪

3160818-2021-12-25-07-07.jpg

さて、その合間の早朝、九十九里浜に降り立ちます。

3160859-2021-12-25-07-07.jpg

どこまでも続く白い砂浜。

3160827-2021-12-25-07-07.jpg

そこでは近づく僕に驚くこともなく、浜千鳥の群れが波打ち際で戯れていました。

3160835-2021-12-25-07-07.jpg

九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県東部の刑部岬(旭市)から太東崎(いすみ市)までに及ぶ太平洋沿岸に面する、日本最大級の砂浜海岸。
全域が千葉県立九十九里自然公園に指定されています。

3160839-2021-12-25-07-07.jpg

北側から旭市、匝瑳市、横芝光町、山武市、九十九里町、大網白里市、白子町、長生村、一宮町、いすみ市の5市4町1村にまたがり、その全長は66kmに及びます。

3160841-2021-12-25-07-07.jpg

日本列島に沿って北上する黒潮は、ここを境に離れる個所でもあり、弘文帝(大友皇子)妃の「耳面刀自媛」(みみもとじひめ)がたどり着いた海岸はこの東端にありました。

3160857-2021-12-25-07-07.jpg

九十九里の古名を「玉浦」(玉の浦)と言い、柿本人麿や太安万侶らにゆかりのある「和歌浦」の古名と同じです。
輝く朝日が映り込む九十九里浜は、まさにその名が相応しい。

3160829-2021-12-25-07-07.jpg

最後の望みであった妻・依羅姫(よさみひめ)との逢瀬も叶わず、失意の人麿の旅は上総国で終ることになりました。
大宝律令が作られ、藤原不比等によって流刑地として付け加えられたのが上総国だったのです。
人麿は音信山(おとずれやま)を越えた先の牛久の東側・石川地区に落ち着くことになります。

31608261-2021-12-25-07-07.jpg

人麿は刑に服する身ではありましたが、遠く離れた上総では多少の自由は許されたでしょう。
おそらくこの玉の浦に足を伸ばしたはず。
彼はこの果てしなく続く砂浜と荒波の先に何を思ったか。

3160852-2021-12-25-07-07.jpg

万葉歌の天才にして歴史の語り部・柿本人麿の人生は、時代の波・人々の思惑に翻弄され、この上総で終わりを迎えることになったのです。

3160861-2021-12-25-07-07.jpg

5件のコメント 追加

  1. さいとう よしみ より:

    こんばんは。師走ですね。
    浜辺の映像。心象風景でしょうか…。なんとも意味深な、儚いような美しさも感じました。

    本年は、本もいただきありがとうございました。仕事納めの時節なのでしょうか?。良い年の瀬をお過ごし下さい。

    追記
    由井正雪。やっぱり難儀ですね。
    山辺赤人。別件で昔、少し調べておりました。
    赤人ゆかりの地『東金』。『真行寺』の苗字を持つ方々も多いようです。
    苦い思い出も想い返しつつ、ブログを拝見しておりました。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      さいとう様、こんばんは。
      返信が遅くなってしまいました。
      語家のシリーズも年内に完結できそうです。
      由井正雪はもう、数少ない情報で妄想を広げるしかなさそうです。書き出しからつまずいて、全く進んでいません。
      苦い思い出ですか、誰しもありますよね。
      さいとう様もご自愛されて、良い年をお迎えください。
      また来年もよろしくおねがいします♪

      いいね

  2. AKwafrigeria より:

    Beautiful ❤️

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      thank you♪

      いいね: 1人

      1. AKwafrigeria より:

        You are most welcome ❤️

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください