太宰府天満宮・飛梅

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」 左遷に際して、愛しい梅の木に語りかけるように詠んだ菅原道真。 その想いに応えるように、紅梅殿の梅の木は大宰府の道真の元へ、一晩かけて空を飛んできたのでした。 太宰府…