かっぱ渕

投稿日:

pa070040-2017-03-20-07-00.jpg

日本三大妖怪と呼ぶ人もいる「河童」(かっぱ)。
妖怪の里「遠野」にも、河童に逢える場所があるというので行ってみました。

pa070028-2017-03-20-07-00.jpg

それは「常堅寺」(じょうけんじ)というお寺の境内にあります。

img_6855-2017-03-20-07-00.jpg

ちなみに、遠野の河童は「顔が赤い」そうです。

pa070036-2017-03-20-07-00.jpg

「常堅寺」の境内を流れる川は「かっぱ渕」と呼ばれていますが、そこは河童の楽園なのだといいます。

wpid-pa070032-2015-10-19-19-58-2017-03-20-07-00.jpg

「常堅寺」には一対の「かっぱの狛犬」が鎮座しています。

wpid-pa070033-2015-10-19-19-58-2017-03-20-07-00.jpg

かっぱ渕にいたずら好きの河童がいましたが、ある時、馬を川に引きずり込もうとして失敗します。
河童は、お詫びして許され、「かっぱの狛犬」として母と子の守り神となったそうです。

pa070034-2017-03-20-07-00.jpg

この河童は常堅寺の火災の折には、皿から水を吹き出し、火を消し止めたと伝わっています。

wpid-pa070037-2015-10-19-19-58-2017-03-20-07-00.jpg

「常堅寺」の裏手の橋を渡ると、澄み切った川が流れています。

pa070041-2017-03-20-07-00.jpg

ここが「かっぱ渕」です。

pa070043-2017-03-20-07-00.jpg

当然、遠野物語にも、かっぱ渕の伝承が伝わっています。

pa0700442-2017-03-20-07-00.jpg

川の中央に何かあります。

wpid-pa070050-2015-10-19-19-58-2017-03-20-07-00.jpg

名人とは何か?

wpid-pa070051-2015-10-19-19-58-2017-03-20-07-00.jpg

それは、「かっぱ釣り」名人のことでした。
現在の名人は2代目で、初代名人の元に弟子入りし、2年の歳月をかけて「カッパ捕獲許可証」の第1号を受けた人だそうです。

pa0700522-2017-03-20-07-00.jpg

釣り糸の先にはみずみずしいキュウリがぶら下がっています。
これで河童が釣れるのだろうか!?
いや、名人のすることに間違いはないはずです。
これはワクワクが止まりません。

wpid-pa070057-2015-10-19-19-58-2017-03-20-07-00.jpg

他にも釣竿があるので、僕もカッパ釣りに興じてみようと思いますが、ちょっと待って!

img_6864-2017-03-20-07-00.jpg

立て札に「カッパ捕獲許可証」がなければカッパ釣りはできませんとあります。
買っててよかった「カッパ捕獲許可証」(ホッ)。

img_6865-2017-03-20-07-00.jpg

厳しいルールも守らなくてはなりません。
河童にだって妖権(人権)があるのです。

pa070054-2017-03-20-07-00.jpg

かっぱ渕に小さな祠があり、その中をのぞいて見ると、なぜか祠の中に名人とおぼしき写真が。
初代名人は河童の神様になったということでしょうか。

夕暮れ差し迫り、尻子玉をとられる前に、僕はそっと「カッパ淵」を後にしました。

pa0700532-2017-03-20-07-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中