岩戸神社

投稿日:

pc120285-2017-08-17-08-10.jpg

雲仙からの帰り道、「岩戸神社」(いわどじんじゃ)という名前を見つけて、気になったので立ち寄ってみました。

pc120280-2017-08-17-08-10.jpg

鳥居を抜け、山の方へ進みます。

pc120282-2017-08-17-08-10.jpg

参道入口と思われる場所があったので、車を停めます。
岩戸といえば「天の岩戸」を連想したのですが、どうやら御祭神は木花開耶姫の姉「岩永姫」(いわながひめ)のようです。

pc120311-2017-08-17-08-10.jpg

美しく可憐な「木花開耶姫」に対し、「岩永姫」(磐長姫/石長比売)は容姿が醜く、妹と一緒に嫁いだ先の「瓊瓊杵命」に追い返されてしまいます。

pc120313-2017-08-17-08-10.jpg

木花開耶姫が花のような繁栄を約束し、岩永姫が天孫の世が岩のような永遠のものとなるよう、誓約を立て贈られたのですが、
瓊瓊杵命が岩永姫を父の元へ送り返してしまったので、天皇、ひいては人の寿命が、今のように短くなったと伝えています。

pc120314-2017-08-17-08-10.jpg

鬱蒼とした参道を5分ほど歩きます。

pc120284-2017-08-17-08-10.jpg

鳥居が見えてきました。

pc120286-2017-08-17-08-10.jpg

苔むした石段を登ると、

pc120290-2017-08-17-08-10.jpg

社殿が見えてきます。

pc120291-2017-08-17-08-10.jpg

そこには、圧倒的な存在感の洞窟があります。

pc120293-2017-08-17-08-10.jpg

ぱっくりと口を開けたような洞窟に立つ社。

pc120296-2017-08-17-08-10.jpg

拝殿の裏に、

pc120298-2017-08-17-08-10.jpg

本殿が鎮座します。

pc120295-2017-08-17-08-10.jpg

横の方にも小さめの洞窟があります。

pc120299-2017-08-17-08-10.jpg

この奥の洞窟は、縄文時代以前の住居跡だと考えられています。

pc120300-2017-08-17-08-10.jpg

写真では分かりにくいですが、手前に水が滴っているところがあります。

pc120302-2017-08-17-08-10.jpg

これが西郷川の基点となっているということです。

pc120301-2017-08-17-08-10.jpg

洞窟にぐっと迫ってみます。

pc120303-2017-08-17-08-10.jpg

手前の祠は普通ですが、

pc120308-2017-08-17-08-10.jpg

奥の祠は、どうも霞んで、ピントが合いません。

pc120310-2017-08-17-08-10.jpg

偶然訪れた神社ですが、畏れ多いような、そんな場所でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中