雷山千如寺大悲王院

投稿日:

1____p9260114-2017-11-2-06-001.jpg

糸島市で一際高くそびえる雷山、
その中腹にある「雷山千如寺大悲王院」(らいざん・せんにょじだいひおういん)は、真言宗大覚寺派の古刹です。

p9260067-2017-11-2-06-001.jpg

成務天皇の時代ににインドから渡来した清賀上人という僧が開創したそうです。

1____p9260068-2017-11-2-06-00.jpg

車で登ってこれますが、その道は急カーブが続きます。

1____p9260070-2017-11-2-06-00.jpg

門の横に入り口があります。

p9260071-2017-11-2-06-00.jpg

そこに見える大きな楓。

p9260079-2017-11-2-06-001.jpg

千如寺の見所のひとつがこの樹齢400年の大楓。
福岡藩主黒田継高により、寺院開山記念として植樹されたものと伝えられています。
新緑も清々しく、とても美しいですが、紅葉の頃が絶景だといいます。

p9260080-2017-11-2-06-00.jpg

境内を進むと封鎖された石段の上に楼門がありました。

p9260084-2017-11-2-06-001.jpg

仁王の姿が勇ましいです。

p9260082-2017-11-2-06-00.jpg

その先に本堂「大悲王院」があります。

p9260087-2017-11-2-06-00.jpg

扁額に千如寺の文字。

p9260097-2017-11-2-06-00.jpg

やさしげな御本尊様の顔が覗いていました。

p9260107-2017-11-2-06-00.jpg

本堂の奥は苔むして緑に染まっています。

p9260104-2017-11-2-06-001.jpg

聖天堂を過ぎて

p9260112-2017-11-2-06-001.jpg

登った先にあるのは観音堂です。

b_ornament-2017-11-2-06-001.jpg

p9260074-2017-11-2-06-001.jpg

観音堂へは境内入口にある「宝物殿」「客殿」からも行けます。

1____p9260122-2017-11-2-06-001.jpg

入ってすぐにあるのは地獄図です。

1____p9260124-2017-11-2-06-00.jpg

しっとりとした心字池も楽しめます。

1____p9260126-2017-11-2-06-001.jpg

暖簾のかかった廊下を通り過ぎ、

1____p9260121-2017-11-2-06-00.jpg

大楓も裏から眺められます。

1____p9260119-2017-11-2-06-00.jpg

この先の観音堂を拝観するには400円が必要ですが、

1____p9260127-2017-11-2-06-001.jpg

それを見ずに帰れば、後悔することになるでしょう。

1____p9260118-2017-11-2-06-001.jpg

観音堂の中には本尊の十一面千手千眼観世音菩薩像 (じゅういちめんせんじゅせんがんかんぜおんぼさつぞう)が鎮座します。

1____p9260117-2017-11-2-06-00.jpg

それは高さ4.6mもの立像で、清賀上人が1本の白椿から作ったと云われています。
頭部に十一面、本体に四十二本の手、光背に千の手があり、千の慈眼・慈手で人々を救います。

1____p9260116-2017-11-2-06-00.jpg

その観音像は撮影不可なので、実際に見ていただく他ありませんが、慈愛と迫力に満ちた素晴らしい観音像です。

b_ornament-2017-11-2-06-001.jpg

p9260128-2017-11-2-06-00.jpg

「十一面千手千眼観世音菩薩像」を見終われば、ぐるりと裏に回って「開山堂」に向かうことにします。

1____p9260131-2017-11-2-06-00.jpg

侘びた廊下を進みます。

1____p9260132-2017-11-2-06-00.jpg

その左側には

1____p9260133-2017-11-2-06-00.jpg

ずらりと五百羅漢像が並びます。

1____p9260136-2017-11-2-06-00.jpg

敬虔な気持ちで進みます。

1____p9260137-2017-11-2-06-00.jpg

開山堂の前に鐘がありました。

1____p9260149-2017-11-2-06-00.jpg

開山堂の中はとてもきらびやかです。

1____p9260134-2017-11-2-06-00.jpg

ふとお堂の裏手に目をやると

1____p9260144-2017-11-2-06-00.jpg

遠くに立派なお墓が見えていました。

1____p9260151-2017-11-2-06-00.jpg

観音堂を出て、護摩道場に向かいます。

1____p9260152-2017-11-2-06-00.jpg

ひろびろとした護摩道場。

1____p9260153-2017-11-2-06-00.jpg

その先には雷山上宮を遥拝していました。

1____p9260154-2017-11-2-06-00.jpg

ふと帰り道、見過ごしてしまいそうになるのが「風穴」です。

1____p9260156-2017-11-2-06-00.jpg

伝説によれば、志摩町の芥屋大門に続いているといいます。

1____p9260164-2017-11-2-06-001.jpg

清賀上人が風の神を封じた跡だという話です。

p9260162-2017-11-2-06-001.jpg

この下に風神がいるのでしょうか。

p9260168-2017-11-2-06-00.jpg

雷山千如寺大悲王院は、九州でも指折りの素晴らしい寺院です。
足を運ぶ価値は十分にありました。

p9260123-2017-11-2-06-00.jpg

0401e58d83e5a682e5afba-2017-11-2-06-001.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中