大聖院

投稿日:

p1230482-2018-01-27-09-00.jpg

宮島といえば「厳島神社」だけを見て帰る人も少なくありませんが、時間があるなら「大聖院」まで足を伸ばすのも良いでしょう。

p1230480-2018-01-27-09-00.jpg

宮島は平家や毛利家ゆかりの場所が多く残っていますが、弘法大師「空海」もまた、多くの足跡を宮島に残しています。
大聖院は、空海によって開かれた宮島随一の名刹です。

p1230484-2018-01-27-09-00.jpg

山門をくぐると、「摩尼車」(まにしゃ)があります。

p1230486-2018-01-27-09-00.jpg

摩尼車は、チベットの仏具のひとつ。
回転させただけで、お経を唱えるのと同じ功徳があるとされています。

p1230489-2018-01-27-09-00.jpg

カラカラと摩尼車を回しながら階段を登り切ると、本堂があります。

p1230491-2018-01-27-09-00.jpg

本堂には「なで仏」など、様々いろんなものが置いてあります。

p1230492-2018-01-27-09-00.jpg

そんな中で一際目につくのが、

p1230497-2018-01-27-09-00.jpg

「砂マンダラ」です。

p1230504-2018-01-27-09-00.jpg

色とりどりの砂で丁寧に描かれたマンダラは、見ていて引き込まれます。

p1230505-2018-01-27-09-00.jpg

他には天使のような像があったり、

p1230515-2018-01-27-09-00.jpg

穏やかな表情の観音様があったりしました。

p1230513-2018-01-27-09-00.jpg

この観音様の足元に、

p1230507-2018-01-27-09-00.jpg

「戒壇めぐり」があります。
いわゆる胎内めぐりと言われるものです。
本堂の地下に真っ暗な空間があり、そこを手さぐりで進みます。

p1230508-2018-01-27-09-00.jpg

とても神秘的な体験ができるので、おすすめです。

p1230516-2018-01-27-09-00.jpg

境内には様々なお堂があり、いろんな仏様を祀ってありますが、中でも御本尊の「波切不動明王」は必見です。

p1230519-2018-01-27-09-00.jpg

波切不動明王は「豊臣秀吉」が朝鮮出兵の折、海上安全を祈るため軍船宝丸の守護仏とした像です。

p1230523-2018-01-27-09-00.jpg

とても荘厳な感じです。

p1230528-2018-01-27-09-00.jpg

他にもたくさんの見どころ、縁起物がありました。

p1230529-2018-01-27-09-00.jpg

さてこの大聖院は奥の院が裏の「弥山」山中の深いところにあります。
奥の院に行く道はかなり厳しそうなので行きませんでしたが、以前宮島に訪れた際はここから弥山山頂まで歩いて登りました。

p1230468-2018-01-27-09-00.jpg

登り始めてすぐに、「白糸の滝」と「瀧宮神社」があったり、

p1230460-2018-01-27-09-00.jpg

山中に「賽の河原」と呼ばれる、ちょっと不気味なところがあったりしましたが、

p1230465-2018-01-27-09-00.jpg

50度はあろうかと思わんばかりの急勾配の階段が、延々と続きます。
2時間弱ほどで登りきれる道ではありますが、ちょっとお勧めできません。

p1230463-2018-01-27-09-00.jpg

弥山へはロープウェーで登ることができます。
そのロープウェー終着駅からも結構登りますので、そちらをおすすめしておきます。

0510e5a4a7e69cace5b1b1e5a4a7e88196e999a2-2018-01-27-09-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中