能義神社

投稿日:

c051655-2018-03-13-23-18.jpg

出雲四大神の一柱を祀る「能義神社」を訪れました。

c051619-2018-03-13-23-18.jpg

出雲四大神を祀る、と言いつつ、寂れた感のある神社です。

c051620-2018-03-13-23-18.jpg

参道横にあった稲荷社も、放置気味です。

c051623-2018-03-13-23-18.jpg

出雲四大神とは、どのような神様なのか、それは『出雲風土記』(733年)に次のように記されています。

熊野大神(くまのおおかみ)=スサノオ
所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)=大国主
佐太大神(さだのおおかみ)=神様の別名は風土記には記載がないが、サルタヒコとされる
野城大神(のきのおおかみ)=神様の別名は風土記には記載がないが、アメノホヒとされる

c051624-2018-03-13-23-18.jpg

そして、この四大神を祀った社として「熊野大社」「杵築大社」「佐太御子社」「野城社」があると云います。

c051625-2018-03-13-23-18.jpg

しかしこの四大神の設定には、疑問があります。

熊野大神=スサノオということですが、熊野山に祀られる神は事代主であり、その後のどさくさでスサノオに書き換えられています。
佐太御子社は、現在の佐太神社のことと思われ、幸神のサルタ彦にあたります。
他、大国主命となるなら、そこに野城大神としてアメノホヒが当てはめられるのはおかしい気がします。

c051626-2018-03-13-23-18.jpg

さて、その四大神の野城大神を祀っているとされるのが「能義神社」です。

c051627-2018-03-13-23-18.jpg

階段を上った横に、出雲龍神が祀ってあります。

c051628-2018-03-13-23-18.jpg

祀られて時が経っているのか、藁が崩れています。

c051629-2018-03-13-23-18.jpg

当社の鎮座地は島根県安来市能義町、往古には東出雲王家の領地の中心にあたり、王の海に面した場所でした。

c051630-2018-03-13-23-18.jpg

ということは、ここは穂日家の聖地ではなく、富家のそれであったはずです。

c051631-2018-03-13-23-18.jpg

拝殿の前には、賀茂別雷神社で見かけるような砂盛りが二つ、ありました。

c051632-2018-03-13-23-18.jpg

そもそも、『出雲国風土記』は、穂日家の27代「廣島」が編纂をしました。
そこには穂日家に合わせた由緒が記されていても不思議はありません。

c051641-2018-03-13-23-18.jpg

一説には、当社の初めは「峠の神」であるサイノカミ3神が祭られていたと云います。
それが、やがて女神の「野城の大神」だけが祀られるようになり、「野城」は「乃木」の地名に、また「城」の漢字がシロと誤称されて、「乃白」の地名になったと云われています。

c051640-2018-03-13-23-18.jpg

立派な本殿ですが、やはり少し廃れた感をにじませています。

c051642-2018-03-13-23-18.jpg

境内には藁の荒神の祭祀がやたら目につきます。

c051636-2018-03-13-23-18.jpg

そして境内社の一つに、「野美社」があり、野見宿禰が祀られていました。

c051638-2018-03-13-23-18.jpg

野見大田彦は穂日家の血族であると記されていますが、実際は富家の17代少名彦で、穂日家とは全く繋がりはありません。

c051635-2018-03-13-23-18.jpg

そしてふと、思いました。
能義とは野見のことではないだろうか、と。

c051639-2018-03-13-23-18.jpg

出雲四大神の野城大神が野見宿禰だとすると、スッキリするような気がします。

c051650-2018-03-13-23-18.jpg

本殿の裏手には円墳を中心とする能義神社奥の院古墳群があるそうです。
出雲には穂日家、いわゆる国造家の古墳は1基も存在しません。
穂日家は水葬で弔うことが常であったからです。

c051648-2018-03-13-23-18.jpg

過去の歴史で戦があり、敗者の領地を勝者が征服し、その由緒などを書き換えてしまうことなどは、よくあることです。

c051644-2018-03-13-23-18.jpg

古代日本では、敗者の王家が皆殺しにならなかっただけ、マシなのかもしれません。

c051647-2018-03-13-23-18.jpg

であるならせめて、乗っ取った聖地の管理の責任くらいは全うしてほしいと、寂れた神社を見て思いました。

c051653-2018-03-13-23-18.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中