印瀬の壺神:伝・八岐大蛇(3)

投稿日:

4231001-2018-05-1-21-00.jpg

「その化け物は一つの体に八つの頭と八つの尾をもち、目はホオズキのように真っ赤。しかも体中にヒノキやスギが生え、カヅラは生い茂り、八つの谷と八つの丘にまたがるほどでかく、腹のあたりはいつも血だらけなのぢゃ。」

「じーさん、オレぁ神だぜ。そのヤマタノオロチってやつをサクッと倒してやっから、娘はオレ様がいただくぜ☆」

「やだ、この人、ゴ・ウ・イ・ン…きゅんっ!」

「んじゃ、娘、お前は櫛になれ。クシナダだけに櫛な。オレ様の髪に挿して守ってやるよ。んで、じーさん酒作れるだろ。とびっきり強ぇーやつを桶に八つたのむわ。」

スサノオは早速、オロチ退治の準備に取りかかりました。
やがて、芳醇な香りが漂う酒に誘われて、山奥からすさまじい地響きが伝わってくるのでした。

c1d-2018-05-1-21-00.jpg

4230979-2018-05-1-21-00.jpg

【釜石】
雲南市木次町の御室山中腹に「布須神社」(ふすじんじゃ)があります。

4230982-2018-05-1-21-00.jpg

鳥居の先の細長い石段を登ると、

4230984-2018-05-1-21-00.jpg

拝殿が見えます。

4230986-2018-05-1-21-00.jpg

御祭神はスサノヲノミコトとクシナダヒメですが、本殿はありません。

4230987-2018-05-1-21-00.jpg

背後の「御室山」(みむろやま)自体が御神体となっています。
その山は、ヤマタノオロチ退治の際にスサノオが籠って「八塩折の酒」(やしおりのさけ)を造ったといわれる聖地です。

4230988-2018-05-1-21-00.jpg

昔から当地の人々は「室山さん」と呼び、崇拝してきました。
風土記には「神須佐乃乎命御室令造給所宿給故云御室」と記されています。

4230990-2018-05-1-21-00.jpg

この布須神社から少し下った場所に、「釜石」と呼ばれる磐座があります。

4230995-2018-05-1-21-00.jpg

この神石は、スサノオが八塩折の酒を造られたときの釜であると言い伝えられています。

4230996-2018-05-1-21-00.jpg

手前にスパッと切れた大きな石がありますが、これではないようです。

4230997-2018-05-1-21-00.jpg

これが釜石。

4230998-2018-05-1-21-00.jpg

なるほど、釜のように見えなくもないです。

4230999-2018-05-1-21-00.jpg

c1d-2018-05-1-21-00.jpg

4241130-2018-05-1-21-00.jpg

【印瀬の壺神】
雲南市木次町西日登にある「八口神社」は、通称「印瀬の壺神」(いんぜのつぼがみ)様と呼ばれています。

4241133-2018-05-1-21-00.jpg

田園の先の丘の上に続く参道を進みます。

4241134-2018-05-1-21-00.jpg

スサノオはヤマタノオロチの八つの頭を斬ったことから、「八口大明神」とも呼ばれたそうです。

4241135-2018-05-1-21-00.jpg

また、ヤマタノオロチが八塩折りの酒に酔い、草枕山を枕に伏せっているところをスサノオが矢をもって射ったので、矢代郷、矢口社とも云うと伝えられていますが、その社はまた別の場所であるようです。

4241136-2018-05-1-21-00.jpg

急勾配な階段を登り終えると、小さな社がありました。

4241138-2018-05-1-21-00.jpg

その横にある磐座が御神体です。

4241139-2018-05-1-21-00.jpg

「壺」???と思ってしまいますが、これはスサノオがオロチ退治の時に「八塩折の酒」を入れさせた八つの壷のうちの一つと伝えられているものです。

4241140-2018-05-1-21-00.jpg

「印瀬の壺神」様として祀られているこの石は、 口経四寸五分・腹経六寸五分・深さ五寸とあり、昔、村人がこの壷に触れたところ、俄かに天はかきくもり山は鳴動して止まず、八本の弊と八品の供物を献じて神に祈ったところようやく静まったと云われています。

4241143-2018-05-1-21-00.jpg

以後、村人たちは人の手に触れることを恐れ、多くの石で壷をおおい玉垣で囲み、注連縄をめぐらし昔のままの姿で昔のままの場所に安置することにつとめ現在にいたっていると云うことです。

4241142-2018-05-1-21-00.jpg

c1d-2018-05-1-21-00.jpg

4241224-2018-05-1-21-00.jpg

【草枕】
雲南市加茂町にある、もうひとつの「八口神社」を訪ねます。

4241230-2018-05-1-21-00.jpg

体に杉や檜を生やし、鬼灯のような真っ赤な目をしたヤマタノオロチは、印瀬の壺に注がれた八塩折の酒に酔い潰れてしまいました。

4241231-2018-05-1-21-00.jpg

酔いつぶれたオロチが枕にしたと云う山が、「草枕」として名を残しています。

4241234-2018-05-1-21-00.jpg

しかしその山は治水工事で大きくその姿を変えていました。
ただ、今の姿の方が、草枕と呼ぶに相応しいとも思えます。

4241225-2018-05-1-21-00.jpg

社伝では、酒を飲んで酔いつぶれて寝てしまったヤマタノオロチをスサノオが矢を放って仕留めた場所が当社だと云います。
矢で仕留めたのちに剣をオロチの身体に突き刺したのだと云うことのようです。

4241229-2018-05-1-21-00.jpg

ただ、矢をもってヤマタノオロチを仕留めたという話は、他で聞いたことありませんでした。
おそらく当社に伝わる独自の伝承だったのでしょう。

4241228-2018-05-1-21-00.jpg

長年村人を苦しめて来たヤマタノオロチ、ついにその怪物にとどめを刺す時がきたのです。

4241226-2018-05-1-21-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中