天空の道(ラピュタの道)

投稿日:

p1300059-2017-03-9-14-00.jpg

2016年4月14日に起きた「熊本大震災」は、多くの傷跡を残しました。
人が造ったものは、時間をかければまた造り直すことも可能でしょうが、二度と戻らないものもたくさんあります。
「天空の道」(ラピュタの道)は、残念なことに、その姿を大きく変えてしまいました。

b_ornament_24_0m-2017-03-9-14-00.jpg

pb040045-2017-03-9-14-00.jpg

阿蘇の外輪山の上を走る県道339号、通称「ミルクロード」の脇に、小さな農道があります。
正式名称「阿蘇市道狩尾幹線」というその農道は、見る人に感動を与える、素敵な場所でした。

pb040220-2017-03-9-14-00.jpg

その絶景を見るために、朝4時に福岡を出ます。
なんとか日の出に間に合いました。

pb040257-2017-03-9-14-00.jpg

厳かに、日が昇ります。

pb040258-2017-03-9-14-00.jpg

そこにはまさに、天空へと続く道がありました。

1____img_7042-2017-03-9-14-00.jpg

僕は今も噴煙を上げ続ける「中岳」を「阿蘇山」だと思い込んでいましたが、実はこの外輪山を含むカルデラ一帯の全てが阿蘇山でした。

aso_caldera_3d_2012-2017-03-9-14-00.jpg

スペースシャトルから得られたNASAの3Dデータを見ると、広大なカルデラが、ひとつの大きな火山だと言うことがわかります。
その広さは、南北に25km、東西に18km、面積380k㎡になり、国内第2位の大きさだそうです。(国内第1位は屈斜路湖です)

pb040278-2017-03-9-14-00.jpg

この広大なカルデラは30万年前~9万年前の間に発生した、4回の巨大な噴火により形成されたと云います。

aso-4_tephra_90-85ka-svg-2017-03-9-14-00.png

その中でも9万年前に起きた、4回目の噴火 「阿蘇4テフラ:Aso4」は最も規模が大きく、火砕流は九州全土はもちろん一部は山口の萩あたりまで至り、火山灰は日本全土を覆ったそうです。

pb040290-2017-03-9-14-00.jpg

今この噴火が起きたとしたら…
考えるだけでも恐ろしいことですが、温泉や肥沃な大地がもたらす豊かな作物など、この阿蘇の大火山がもたらす恩恵もまた計り知れないのです。

pb040289-2017-03-9-14-00.jpg

この美しい農道は、今は大地震により先端の部分が崩れ落ち、見るも無残な姿になっています。

pb040299-2017-03-9-14-00.jpg

この写真を撮ったのは、2015年の秋でした。

pb040307-2017-03-9-14-00.jpg

秋は雲海が発生しやすいので、狙って行きましたが、草が秋色になっていましたので、新緑の春も撮りに行こうと思っていた矢先の大地震でした。
今はもう、この世界を堪能することはできないのです。

pb040027-2017-03-9-14-00.jpg

少し日が昇ってくると、うっすら草にも緑が戻ります。

pb040042-2017-03-9-14-00.jpg

この世のものは、いつか失われる危うさがあるからこそ、愛しく美しい。
改めてそう思わされる、「天空の道」でした。

img_7046-2017-03-9-14-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中