桃尾の滝・石上神社

投稿日:

1____p6070830-2016-11-16-07-32.jpg

奈良「石上神宮」のそばを流れる「布留川」を上流に向かって進むと、「桃尾の滝」(もものおのたき)があります。

1____p6070786-2016-11-16-07-32.jpg

桃尾の滝は古今和歌集で「後嵯峨天皇」や「僧正遍照」が詩に詠んでいたことから、古くから信仰されていた滝と考えられています。

1____p6070788-2016-11-16-07-32.jpg

狭い道幅ですが、桃尾の滝の近くまで車で進むことができ、駐車場もありました。

1____p6070795-2016-11-16-07-32.jpg

桃尾の滝は高僧「義淵」によって龍福寺が建立され、後に弘法大師「空海」によって真言密教の一大道場として隆盛を誇ったと云います。

1____p6070800-2016-11-16-07-32.jpg

現在、龍福寺は明治の廃仏棄釈により廃寺となっていますが、桃尾の滝は変わらず、その姿を残しています。

1____p6070802-2016-11-16-07-32.jpg

まっすぐに降り注ぐ、一筋の滝。
まさに霊場にふさわしいその滝は、今でも滝行をする行者が後を絶たないと云います。

p6070807-2016-11-16-07-32.jpg

落差約23m。

1____p6070815-2016-11-16-07-32.jpg

滝壼の左側には鎌倉時代中期に作られた不動三尊磨崖仏などがあります。

p6070814-2016-11-16-07-32.jpg

岩に力強く線彫りされた摩崖仏。

1____p6070817-2016-11-16-07-32.jpg

滝の背後の岩の割れ目にも不動尊が祀られているようでした。

p6070792-2016-11-16-07-32.jpg

b_ornament_24_0m-2016-11-16-07-32.jpg

1____p6070818-2016-11-16-07-32.jpg

桃尾の滝のやや麓側に「石上神社」と呼ばれる神社があります。

1____p6070819-2016-11-16-07-32.jpg

長い石段を登っていくと、

1____p6070821-2016-11-16-07-32.jpg

侘びた拝殿が見えてきます。

1____p6070832-2016-11-16-07-32.jpg

鬱蒼とした森に包まれた石上神社。

1____p6070822-2016-11-16-07-32.jpg

カエルのような石が目に付きました。

1____p6070824-2016-11-16-07-32.jpg

狛犬も、長い歳月を感じさせます。

1____p6070825-2016-11-16-07-32.jpg

石上神宮の大元は、おそらく布留川の水神を祀った神社であったのではないかと思われます。
それに対し、ここ、石上神社はじっとりとした山の気配を濃く放っています。

1____p6070823-2016-11-16-07-32.jpg

このひっそりとした場所にある石上神社は、石上神宮の元宮だと云われています。

p6070828-2016-11-16-07-32.jpg

人から忘れ去られたかのような佇まいの神社は、それでも自然の風景に溶け込んでなお美しく、ただそこにあり続けるようでした。

1____p6070833-2016-11-16-07-32.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中