洞爺湖

投稿日:

a010263-2019-10-8-09-30.jpeg

北海道南西部、「洞爺カルデラ」内にできた広大な湖「洞爺湖」をずいぶん久しぶりに再訪しました。

a010252-2019-10-8-09-30.jpeg

ずいぶん久しぶりというのは、最初に僕が当地を訪れたのは新婚旅行の時。
その時は寒さと霧で、どんなだったかほとんど記憶にないのでした。

a010253-2019-10-8-09-30.jpeg

最初にやってきたのは、壮大な洞爺湖の姿を見ることができるという「サイロ展望台」。

a010266-2019-10-8-09-30.jpeg

ショップの中を通り抜けると、広い展望所があります。

a010258-2019-10-8-09-30.jpeg

そこから見える洞爺湖。

a010261-2019-10-8-09-30.jpeg

洞爺湖の面積は日本で9番目であり、カルデラ湖としては屈斜路湖支笏湖に次いで日本で3番目の大きさとなります。

a010262-2019-10-8-09-30.jpeg

ここから見える姿も、全景の半分ほどでした。

a010264-2019-10-8-09-30.jpeg

c1d-2019-10-8-09-30.jpg

a010274-2019-10-8-09-30.jpeg

湖面際にある温泉街の方へ降りてきました。
洞爺湖湖上クルーズを楽しむためです。

a010272-2019-10-8-09-30.jpeg

チケットを購入したところ、船は出航したばかりでしたので、しばし次の便を待つことに。
湖畔は公園になっていて、散策するのも良いようです。

a010269-2019-10-8-09-30.jpeg

僕が乗り損ねた便が出航しています。
しかし洞爺湖の遊覧船は、この後の毎時00分に出航する便に乗るのがお勧めだと、このあと知ることになります。

a010278-2019-10-8-09-30.jpeg

すると僕の乗る便が、程なくしてやってきました。

a010283-2019-10-8-09-30.jpeg

その姿は正に湖上の城、

a010286-2019-10-8-09-30.jpeg

「エスポアール号」です!

a010290-2019-10-8-09-30.jpeg

程よいチープ感が良い味を出しています。

a010293-2019-10-8-09-30.jpeg

船内もゴージャ!ス?

a010295-2019-10-8-09-30.jpeg

2Fには売店・お土産コーナーもあります。

a010297-2019-10-8-09-30.jpeg

甲板に出てみました。

a010299-2019-10-8-09-30.jpeg

うん、メルヘン♪

a010305-2019-10-8-09-30.jpeg

と、こちらをじっと見つめる、熱い視線が。
これは、例の、なるほど。

a010306-2019-10-8-09-30.jpeg

ピンときた僕は、すぐさま売店でかっぱえびせんを購入。
奴らに施しを与えるイベントに参加します。

a010311-2019-10-8-09-30.jpeg

勇気のある奴は直接奪い取りにきたり、空中でキャッチしたり、もらい慣れてる風です。

a010307-2019-10-8-09-30.jpeg

たまに僕の指ごと持って行く奴がいて、これが結構痛い。

a010273-2019-10-8-09-30.jpeg

そうこうしていると、洞爺湖の中心に浮かぶ中島が近づいてきました。

a010314-2019-10-8-09-30.jpeg

中島は4つの小島からなり、

a010317-2019-10-8-09-30.jpeg

一番手前の「弁天島」、

a010321-2019-10-8-09-30.jpeg

その奥にある「観音島」、

a010325-2019-10-8-09-30.jpeg

最も大きな「大島」、

a010390-2019-10-8-09-30.jpeg

それと東側に「饅頭島」があります。

a010322-2019-10-8-09-30.jpeg

大島と観音島の間をすり抜けて行くと、

a010333-2019-10-8-09-30.jpeg

大島の桟橋へと到着です。

a010336-2019-10-8-09-30.jpeg

中島はいずれも無人島ですが、唯一下船可能な大島には「洞爺湖森林博物館」や食堂・売店があります。

a010340-2019-10-8-09-30.jpeg

大島上陸。

a010341-2019-10-8-09-30.jpeg

桟橋のそばに、3つの小社が並んでいます。

a010342-2019-10-8-09-30.jpeg

一番奥の大黒殿。

a010343-2019-10-8-09-30.jpeg

中にはちょっと怖い蛇の彫刻とともに、大黒さんが祀られています。

a010344-2019-10-8-09-30.jpg

大黒さんといえば、出雲の大国主と同一神とされますが、古代出雲族は蛇神・龍神信仰を持っていました。

a010345-2019-10-8-09-30.jpeg

その名残がここに伝えられているのだとしたら、すごいことです。

a010347-2019-10-8-09-30.jpeg

真ん中に祀られるのは道真公。

a010348-2019-10-8-09-30.jpeg

学問の神がどっしり鎮座されております。

a010350-2019-10-8-09-30.jpeg

そして一番手前に「恵比寿堂」。

a010351-2019-10-8-09-30.jpeg

見事、出雲三神が祀られていました。

a010352-2019-10-8-09-30.jpeg

大島では、森の中をトレッキングすることもできます。
プチ登山になりますので、洞爺湖森林博物館で登山者記名を行います。

a010354-2019-10-8-09-30.jpeg

ゲートをくぐると、森が広がっていました。

a010357-2019-10-8-09-30.jpeg

なるほど深い森ではありますが、とりわけすごいというほどもなく、

a010359-2019-10-8-09-30.jpeg

軽く散策して桟橋に戻ることにしました。
途中の木に、引っ掻き傷のような跡があったのが気になります。

a010361-2019-10-8-09-30.jpeg

中島には1960年(昭和35年)頃までに2世帯6人の定住者がいたそうです。

a010363-2019-10-8-09-30.jpeg

この森にもエゾシカが多数生息しているとのことですが、彼らは元来島に生息していたのではなく、日高地方から1957年にオス1頭、1958年にメス1頭、1965年に妊娠したメス1頭が導入されたものだそうです。

a010365-2019-10-8-09-30.jpeg

以来、増えて最大400頭を超したこともあったといいますが、食料となる島内の植物が減少したことにより個体数の増減を繰り返して今に至るようです。

a010366-2019-10-8-09-30.jpg

桟橋に戻ってきました。

a010367-2019-10-8-09-30.jpeg

「ウンクル・セトナの桂の木」という御神木がありました。

a010369-2019-10-8-09-30.jpeg

洞爺湖のほとりに住む美しい乙女「セトナ」がいました。
セトナと愛し合っていた若者「ウンクル」は、シャクシャインの誘いに応じて国縫の戦いに参加します。
が、ウンクルは不運にも松前方の鉄砲に撃たれて重い傷を受けてしまいました。

a010372-2019-10-8-09-30.jpeg

ウンクルはセトナのもとに戻り、手厚い看護を受けましたが、死期を覚って彼女の留守中に湖に身を投げ、自らの命を絶ってしまいました。
それを知ったセトナはひどく嘆き悲しみ、自らも洞爺湖に入水して彼の後を追いました。

a010377-2019-10-8-09-30.jpeg

二人の悲しい最期を見ていた番(つがい)の鴛鴦(おしどり)は、湖の中からウンクルの首飾の玉とセトナの耳環を捜して、中之島の広場に埋めてやりました。
すると翌年の春、埋めた玉と首飾から二本の桂の若木が芽をふき、二本の若木はやがて一つの幹となりぐんぐん大きくなりました。

a010370-2019-10-8-09-30.jpeg

セトナの愛情がウンクルを抱きかかえたこの木をコタンの人たちは、「ウンクル、セトナの桂の木」と名づけ、縁結びのご神木として崇める様になったと云うことです。

a010378-2019-10-8-09-30.jpeg

さて、再び船に乗り込み、岸へ戻ります。

a010379-2019-10-8-09-30.jpeg

帰りの航路では「浮見堂」がくっきりと見えます。

a010387-2019-10-8-09-30.jpeg

洞爺湖の名は、アイヌ語の湖・岸を意味する「トヤ(to-ya)」に由来します。
本来は湖の北岸を指す地名でしたが、洞爺と当て字され、湖の名となりました。

a010393-2019-10-8-09-30.jpeg

一時は鉱山からの廃水により著しい酸性化が起こり、多くの生物が死滅したそうです。

a010396-2019-10-8-09-30.jpeg

その後水質改善化の努力と、1977年(昭和52年)の有珠山の噴火活動に伴う大量のアルカリ性の火山灰が洞爺湖へ降り注ぐことにより、湖水が中和されました。
今では在来種のアメマス、ウグイ、ヨシノボリ、ハナカジカに加え、ワカサギ、ヒメマス、ニジマス、サクラマス、コイ、ブラウントラウトなども人為放流され、様々な魚が棲む湖となっています。

a010398-2019-10-8-09-30.jpeg

周辺は支笏洞爺国立公園に指定され、「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」、「日本百景」、「新日本旅行地100選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」などに選定されている、北海道を代表する湖となったのでした。

a010397-2019-10-8-09-30.jpeg

3件のコメント 追加

  1. 洞爺湖、私は20年ちょっと前に一度だけ行ったことがあるのですが、フェリー?に乗って花火を見た記憶はありましたが、その他は全く覚えていなかったです(^^; いろいろオブジェとかあるんですね~。しかし、北海道にも出雲の神や道真公、信仰は各地に広がっているんですね。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      花火は綺麗みたいですね!
      ちょっとみてみたいと思いました。
      アイヌや琉球人の祭祀は古代出雲人のそれによく似ているんですよね。
      神社という形をとっていないだけに、よく分かります。
      つまりアイヌや琉球人は、秦族が日本に来る前の純粋な出雲人の血統を受け継いでいるんじゃないかなーって。

      北海道は湖沼をめぐる旅が中心になりました。
      カルデラ湖が多いので、どこも綺麗です!

      いいね: 1人

      1. 花火も見た、という記憶だけで、綺麗だったかも覚えてないんですよ(^^ゞ
        アイヌと琉球人がそうなんですね。そう言われると、顔が似てるような…。
        カルデラ湖、いいですね。記事で楽しみます(^^)/

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください