伏見稲荷大社

投稿日:

p2160021-2015-09-14-22-29.jpg

正しく異界、伏見稲荷の千本鳥居をくぐっていると、この世ならざる世界に迷い込んだような錯覚を覚えます。
しかしその更に奥、「伏見のお山めぐり」にこそ伏見稲荷大社の真髄はありました。

p2160004-2015-09-14-22-29.jpg

まずは本殿へとお参りに伺いましょう。

p2160010-2015-09-14-22-29.jpg

ここは連日多くの人で賑わっています。

wpid-p2160016-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpg

神の稲穂を咥えた稲荷の像も凛々しいです。

p2160028-2015-09-14-22-29.jpg

本殿を過ぎ、「奥社奉拝所」に向けて歩いていきます。

wpid-p2160022-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpg

すぐに有名な千本鳥居を歩くことになります。

p2160027-2015-09-14-22-29.jpg

朱色の柱と隙間から射し込む光の具合が、まるで白昼夢のように、異界へと誘うように思えてきます。

p2160026-2015-09-14-22-29.jpg

奥社奉拝所ではきつねの顔の絵馬やおもかる石が楽しめます。

p2160024-2015-09-14-22-29.jpg

おもかる石はやはり重かったので、願い事は望み薄そうです。

b_ornament-2015-09-14-22-29.jpg

p6160050-2015-09-14-22-29.jpg

いつもはここで引き返すのですが、かねてより気になっていた「お山めぐり」を決行しました。

p6160052-2015-09-14-22-29.jpg

お山めぐりルートに入ってすぐ右手に小さな分かれ道があります。
その先にある「伏見神寳神社」(ふしみかんだからじんじゃ)は、忘れずに訪れたいところです。

wpid-p6160055-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpg

この辺りの竹林は、「竹取物語」伝承の地だと伝わります。

p6160056-2015-09-14-22-29.jpg

社殿が見えてきました。

p6160058-2015-09-14-22-29.jpg

伏見神寳神社は「饒速日尊」(にぎはやひのみこと)が天上よりもたらした「十種の神宝」(とくさのかんだから:沖津鏡、辺津鏡 、八握剣、生玉、死反玉、足玉、道反玉、蛇比礼、蜂比礼、品物比礼)が奉安されているそうです。

p6160059-2015-09-14-22-29.jpg

願いのこもった「叶雛」(かなへひな)がかけてありました。

p6160060-2015-09-14-22-29.jpg

ここはあまり人に知られていないようで、喧騒から離れ、静かな佇まいを見せています。

p6160061-2015-09-14-22-29.jpg

なんとも清々しい聖域。

wpid-p6160065-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpg

b_ornament-2015-09-14-22-29.jpg

p6160069-2015-09-14-22-29.jpg

再び千本鳥居のお山めぐりに戻ります。

p6160073-2015-09-14-22-29.jpg

しばらく行くと小さな祠が無数に現れました。

p6160070-2015-09-14-22-29.jpg

一見不気味な感じですが、その場に立ってみると、それほど嫌な感じはしません。

p6160074-2015-09-14-22-29.jpg

尚も参道は続き、

p6160077-2015-09-14-22-29.jpg

10分ほど歩くと新池に着きました。
ここは「谺ヶ池」(こだまがいけ)の別名があり、手を叩いてこだまが返ってきた方向に探し人の手がかりがあると言い伝えられます。

p6160078-2015-09-14-22-29.jpg

そのそばには勝負運に良い「熊鷹社」があります。
なんだか厳格な気を感じます。

p6160081-2015-09-14-22-29.jpg

三ツ辻を過ぎると、なぜか瓢箪の形をした「大松大神」の祠がありました。

p6160144-2015-09-14-22-29.jpg

四ツ辻付近から、曇天の京都を眺め、

p6160085-2015-09-14-22-29.jpg

さらに登っていきます。

p6160088-2015-09-14-22-29.jpg

やがて立派な手水舎があり、

p6160089-2015-09-14-22-29.jpg

下社に到着です。

p6160090-2015-09-14-22-29.jpg

「三ノ峰・下社神蹟」と呼ばれ、拝殿奥に「白菊大神」を祀る「神蹟」(しんせき)が鎮座します。
ここでいう神蹟とは、かつてここに祠があり、廃絶後は神が鎮まる所ということで称されているそうです。
明治20年代の半ばごろ、下社からは「変形神獣鏡」が出土しています。

p6160092-2015-09-14-22-29.jpg

下社から少し先にある「間ノ峰荷田社」です。
ここは「伊勢大神」が祀られていますが、入り口に建つ石鳥居は「奴祢鳥居」(ぬねとりい)といって、額束の両側に合掌状の「破風扠首束」(さすつか)をはめた特異な形をしています。

p6160094-2015-09-14-22-29.jpg

中社に着きました。

p6160093-2015-09-14-22-29.jpg

「二ノ峰・中社神蹟」です。

p6160095-2015-09-14-22-29.jpg

ここは「青木大神」を祀ります。

p6160099-2015-09-14-22-29.jpg

そしていよいよ標高233メートルの稲荷山の最高峰にある「上社」に到着です。

p6160100-2015-09-14-22-29.jpg

「一ノ峰・上社神蹟」、ここには「末広大神」が祀られています。

p6160102-2015-09-14-22-29.jpg

この上社が伏見稲荷大社のお山めぐりのゴールではありますが、帰路にも様々な神蹟がありました。

b_ornament-2015-09-14-22-29.jpg

p6160104-2015-09-14-22-29.jpg

再び朱色の鳥居の中を歩きます。

p6160106-2015-09-14-22-29.jpg

玉垣に囲まれた小さな社があり、

p6160110-2015-09-14-22-29.jpg

そしてしばらく歩くと、「長者社」と呼ばれる場所に着きました。

p6160114-2015-09-14-22-29.jpg

非常に雰囲気のあるここは、「御劔社」とも呼ばれ、御神体の「釼石」(雷石)には雷神が封じ込められていると伝わります。

p6160112-2015-09-14-22-29.jpg

辺りの雰囲気は厳かで、ただならぬ気配に満ちています。

p6160108-2015-09-14-22-29.jpg

宗近の某がここで稲荷大神の助けを得て、名刀「小狐丸」を鍛えたと語られていますが、

p6160116-2015-09-14-22-29.jpg

さぞや名刀だったことでしょう。

p6160117-2015-09-14-22-29.jpg

更には「薬力の滝」というものもありました。

p6160121-2015-09-14-22-29.jpg

滝といっても竹筒から水がしたたり落ちる程度のものですが、伏見稲荷のお山めぐりでは、こうした行場がいくつもあるようです。

p6160124-2015-09-14-22-29.jpg
細い路地は苔むして年月を感じさせます。

p6160126-2015-09-14-22-29.jpg

b_ornament-2015-09-14-22-29.jpg

p6160129-2015-09-14-22-29.jpg

さて、伏見稲荷のお山めぐりも終盤です。
「御膳谷」と呼ばれる場所がありました。

p6160133-2015-09-14-22-29.jpg

ここは稲荷山三ヶ峰の北背後にあたり、三つの峰の渓谷が集まる場所だと云います。
三ヶ峰の遥拝所になるそうですが、この場所に立った時、奥から轟音を伴った風が吹き抜け、芯の奥からゾクッとしました。

p6160130-2015-09-14-22-29.jpg

かつてはここに「神饗殿」(みあえどの)と「御竈殿」(みかまどの)があって三ヶ峰に、神供をした所と伝えられています。
今は「山上の儀」において、「御饌石」と呼ばれる方1メートルほどの神石の上に、中汲酒を盛った、古式の齋土器七十枚が供進されるそうです。

p6160135-2015-09-14-22-29.jpg

その他にも眼病にご利益のある「眼力社」や様々な稲荷社が鎮座する稲荷山、
足早に見て回っても2時間は十分にかかるお山めぐりですが、京都の深淵を垣間見ることのできるコースです。

p6160142-2015-09-14-22-29.jpg

wpid-0109e4bc8fe8a68be7a8b2e88db7e5a4a7e7a4be-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpgwpid-0808e4bc8fe8a68be7a8b2e88db7e5a4a7e7a4bee5a5a5e7a4be-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpgwpid-0820e4bc8fe8a68be7a59ee5ae9de7a59ee7a4be-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpgwpid-0821e4bc8fe8a68be7a8b2e88db7e5b1b1e799bbe68b9d-2015-09-14-22-29-2015-09-14-22-29.jpg伏見稲荷大社/奥社奉拝所/伏見神寳神社/伏見山登拝 御朱印

34.96714, 135.77267

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中