速川神社

投稿日:

p6047118-2017-04-28-10-00.jpg

宮崎「都萬神社」のそばを流れる「一ツ瀬川」を上流に向かっていくと、いくつかの姫神を祀る神社があります。

p6047100-2016-06-16-11-16-2017-04-28-10-00.jpg

そのひとつ、「速川神社」。
山道のカーブに面したところに参道入り口があるので、つい通り過ぎてしまいました。

p6047102-2017-04-28-10-00.jpg

車を停め、そこからぐいぐい下りていきます。

p6047103-2017-04-28-10-00.jpg

すると川下にコンクリートの橋がありました。

p6047104-2017-04-28-10-00.jpg

なんとも不思議な橋です。
増水時は間違いなく水没しているでしょう。

p6047106-2017-04-28-10-00.jpg

ふと横を見ると、鹿の家族がお出迎えしてくれました。

p6047110-2017-04-28-10-00.jpg

橋を渡ると、今度は対岸の山を、ぐいぐい登ります。

p6047111-2017-04-28-10-00.jpg

結構ハードです。

p6047112-2017-04-28-10-00.jpg

しかしこの参拝困難な神社も、訪れる人は少なくないそうです。

p6047114-2017-04-28-10-00.jpg

なぜならここは「一願成就」、一つだけお願い事を叶えてくれると知る人ぞ知る神社なのです。
受験生も多く訪れるようです。

p6047116-2017-04-28-10-00.jpg

速川神社創設の由来は、天孫「邇邇芸命」が新天地を目指して巡行されていた折、
お供の一人「瀬織津姫」(せおりつひめ)がこの速川の急流に足を取られて亡くなられますが、

p6047120-2017-04-28-10-00.jpg

深く悲しんだ邇邇芸命が瀬織津姫を弔って建てた小さな祠が始まりだそうです。
本殿奥の神域に滝がありました。

p6047122-2017-04-28-10-00.jpg

瀬織津姫の名は「古事記」「日本書紀」には出てきませんが、大祓詞に「速川の瀬に座す瀬織津比咩命」と出てきます。
穢れを祓う「災厄抜除」の女神とされます。

p6047121-2016-06-16-11-16-2017-04-28-10-00.jpg

穢れを祓う「祓戸の神」は4柱ありますが、それらの神々は黄泉国から逃げてきたイザナギが禊を行った時に生まれた神と云います。

p6047119-2017-04-28-10-00.jpg

ここでは蛇神として祀られる瀬織津姫。
二本のロウソクと一包みの卵を添えて、お参りしました。
「一願成就」とはありますが、ただ瀬織津姫へのご挨拶とご冥福を祈りつつ、
山間に抜ける風と滝のせせらぎを感じて帰ってきました。

p6047123-2017-04-28-10-00.jpg

0610e9809fe5b79de7a59ee7a4be-2016-06-16-11-16-2017-04-28-10-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中