大湯環状列石

投稿日:

pa040516-2017-09-2-07-00.jpg

「大湯環状列石」(おおゆかんじょうれっせき)、それはいわゆる「ストーンサークル」と呼ばれるものです。

pa040553-2017-09-2-07-00.jpg

大湯環状列石は秋田の鹿角市にあります。
近くには日本ピラミッドと噂される「黒又山」があります。
UFOの目撃情報も多いようです。

pa040477-2017-09-2-07-00.jpg

大湯環状列石は縄文時代後期(約4,000年前)の遺跡だそうです。

pa040481-2017-09-2-07-00.jpg

では、古代の世界に突入です。

pa040483-2017-09-2-07-00.jpg

そこには平原が広がっていました。

pa040485-2017-09-2-07-00.jpg

その先になにやら建物が見えます。

pa040488-2017-09-2-07-00.jpg

まず目に入ってくるのが「5本柱建物跡」です。

pa040495-2017-09-2-07-00.jpg

環状列石ではなく環状列木です。

pa040493-2017-09-2-07-00.jpg

日時計、のように見えます。

pa040497-2017-09-2-07-00.jpg

さらに遠くに立ち並ぶ電柱のようなもの。

pa040498-2017-09-2-07-00.jpg

「桂列」とあります。

pa040499-2017-09-2-07-00.jpg

3本づつ直線で配置され、2つの列は微妙に角度がずれています。

pa040505-2017-09-2-07-00.jpg

そして平原の中央にある大きなストーンサークル。

pa040507-2017-09-2-07-00.jpg

大湯環状列石は「万座」と「野中堂」のふたつの環状列石に分かれています。
こちらは「万座環状列石」になります。

pa040515-2017-09-2-07-00.jpg

これらの石は後から置いたものではなく縄文時代に作られた実物を露出展示しているそうです。
つまりこの遺跡はレプリカではなく、本物だということです。

pa040510-2017-09-2-07-00.jpg

中央の大きなサークルの周りにも列石の跡が見受けられます。

pa040526-2017-09-2-07-00.jpg

これらはいったい何だったのか。
未だ謎に包まれているそうですが、遺跡からは土器や土偶、鐸型土製品などがたくさん出土しており、一説には祈りと祀りの場であると考えられているそうです。

pa040543-2017-09-2-07-00.jpg

大きなサークルの中で、ひときわ目立つ小ぶりのサークル。
「日時計状組石」と呼ばれます。

pa040527-2017-09-2-07-00.jpg

道路を渡った先に

pa040531-2017-09-2-07-00.jpg

「野中堂環状列石」があります。

pa040534-2017-09-2-07-00.jpg

こちらにも日時計状組石があります。
これら列石に使われている石は、水に濡れると美しい緑色になる石英閃緑(せんりょく)ひん岩と呼ばれる石で、
遺跡から北東に5kmほど離れた安久谷(あくや)川から採集されたものだそうです。
石の重さは平均で30kg、最大で200kgもあり、総数は5,000~7,000個におよぶそうです。

出雲王家の子孫である富氏は、祖先を拝む「拝み石」の側に家族墓があり、その形状がこの組み石に似ていると表現されていました。

pa040538-2017-09-2-07-00.jpg

石の下には墓のような穴も見つかっているそうで、集団墓地ではないかと云う説もあります。
ともあれ、太古のロマンをたっぷり含んだ大地が、ここにありました。

pa040550-2017-09-2-07-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中