鹿野田神社/潮嶽神社

投稿日:

p6130295-2017-04-28-12-00.jpg

兄から借りた神宝の釣り針を失くした「山幸彦」は綿津見神の計らいで、無事釣り針を見つけ出し、陸へもどります。
綿津見神は兄の「海幸彦」は3年のうちに貧しくなり、憎んで山幸彦を攻めてくるだろうから、その時はこれを使いなさいと二つの宝珠を山幸彦に授けました。

山幸彦は海幸彦へ釣り針を返すのですが、その時、釣り針に呪いをかけます。
『この釣り針はつまらない針、うまくいかない針、貧乏の針、おろかな針』と。
海幸彦はそれと知らず、早速釣りを始めますが、以前のようにうまく釣ることができず、しかもやることなすこと全てうまくいかなくなりました。
これは弟のせいにちがいない、そう思った海幸彦は山幸彦を攻めようとしました。

p6130306-2017-04-28-12-00.jpg

綿津見の神が山幸彦に授けた二つの珠、「塩満珠」(しおみつたま)「塩乾珠」(しおふるたま)を御神宝にした神社が西都市にあります。
「鹿野田神社」(かのだじんじゃ)です。

p6130292-2017-04-28-12-00.jpg

しっとりとした森に包まれた神社がありました。

p6130296-2017-04-28-12-00.jpg

住居一体型の拝殿に見えます。

p6130299-2017-04-28-12-00.jpg

真っ黒の狛犬にどきりとしました。

p6130300-2017-04-28-12-00.jpg

二つの宝珠を祀っているにしては、なんとも侘びて質素です。

p6130304-2017-04-28-12-00.jpg

境内に「塩の井」があります。
宝珠のご利益で、こんな山の中でなぜか、塩分を含んだ霊水が湧いています。

p6130303-2017-04-28-12-00.jpg

青島にある「玉の井」と対を為すかのようです。

p6130294-2017-04-28-12-00.jpg

一口いただきましたが、確かに、薄めた海水のような味でした。

b_ornament_24_0m-2017-04-28-12-00.jpg

p6130208-2017-04-28-12-00.jpg

弟の所業に恨み攻めた海幸彦でしたが、山幸彦は「塩満珠」を使い、海を満ちさせ兄を溺れさせます。
海幸彦が救いを求めると今度は「塩乾珠」で海を干かせ、助けてあげました。
こうして海幸彦はこらしめられ、山幸彦に従うよう頭を下げたのでした。

理・不・尽!

p6130211-2017-04-28-12-00.jpg

日南市北郷町の「潮嶽神社」(うしおだけじんじゃ)は、唯一と言っていい「海幸彦」を祀った神社です。

p6130212-2017-04-28-12-00.jpg

山幸彦が塩満珠で海を満たした時、海幸彦が「磐船」(いわふね)という頑丈な船に乗り、たどり着いたのがこの地であるといいます。

p6130214-2017-04-28-12-00.jpg

海幸彦はここに宮を築き、この地をしっかりと治めたといいます。

p6130216-2017-04-28-12-00.jpg

そして海幸彦は「隼人族」の祖となったそうです。

p6130217-2017-04-28-12-00.jpg

日本昔ばなしでは、いつも兄が悪者にされます。
僕は幼い時から、それを理不尽に、そして悲しく思っていました。

p6130218-2017-04-28-12-00.jpg

ただこの海幸彦・山幸彦の物語は、もっと奥深いものが隠されているように思います。
出雲から逃げてきたイザナギは海の神を次々生み出し、その子孫が山の神の娘と結婚して海幸彦・山幸彦を産みます。
そして山幸彦はイザナギが生み出した龍宮の姫、豊玉姫と結ばれ、海幸彦は南下し隼人族へと成っていきます。
これは日向倭国が、渡来系出雲族の派生民族が大山祇族と安曇族の複雑な婚姻によって成立していったことを表しているように思われました。

p6130215-2017-04-28-12-00.jpg

ともあれ、海幸彦の社は古びてはいたものの、清潔に保たれていたのが、ちょっと嬉しかったです。

p6130220-2017-04-28-12-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中