蚊屋島神社:八雲ニ散ル花 29

投稿日:

c051465-2017-12-9-07-14.jpg

鳥取県西伯郡日吉津村にある「蚊屋島神社」(かやしまじんじゃ)は、斎木雲州氏によると、出雲9代大名持の「鳥鳴海」(トリナルミ)王が祀られた神社であると云うので、訪ねてみました。

c051466-2017-12-9-07-14.jpg

松林の風情ある参道を進むと、立派な社殿が建っていました。

c051467-2017-12-9-07-14.jpg

鳥鳴海王は亡くなられた後に、伯者国日吉津の蚊屋島神社に祀られたので「賀夜奈流美命」(カヤナルミノミコト)とも呼ばれたと云います。
その社には、事代主命や高照姫命・下照姫命も共に祀られたと伝わっています。

c051468-2017-12-9-07-14.jpg

早朝の冷たい手水の水が清々しさを増しています。

c051469-2017-12-9-07-14.jpg

御由緒をみてみます。
祭神は「天照皇大神」「高比賣命」(たかひめのみこと)
合殿「豊受姫命」「大年神」「天萬栲幡豊秋津姫命」「天手力雄命」「天若彦神」
合祀「級長津彦命」「月夜見命」「猿田彦大神」「神倭姫命」「天太玉命」「素盞鳴尊」「大己貴命」「事代主神」「金山彦神」

錚々たる神の名を連ねていますが、「賀夜奈流美命」「鳥鳴海命」の名はどこにも見えません。

c051470-2017-12-9-07-14.jpg

さらに由緒を調べてみると、蚊屋島神社の創建は不詳で、古くから蚊屋ノ庄の産土神として信仰されてきた神社だと云います。
室町時代には尼子氏に祭祀されていた神社のようですが、近隣の旧家に現在の祭神と昔の祭神は違うと言い伝えられており、平安時代中期に成立した「日本三代実録」に記載されている伯耆国正六位上「天照高日女神」とは当社の事で、何時の頃から間違って「天照大御神」が祭られるようになったとあります。

c051509-2017-12-9-07-14.jpg

「天照高日女神」とは「高比賣命」のことであると勧請合祀され、2柱が主祭神として祭られるようになったとも云われています。

c051471-2017-12-9-07-14.jpg

この「高比賣命」とは、大国主の娘であり火明・徐福に嫁いで海部家の祖母神となった「高照姫」のことであると思われます。

c051484-2017-12-9-07-14.jpg

また伝承では、高比賣命の夫神である「天稚彦」(アメノワカヒコ)が神の遣いである雉を弓矢(天羽々矢と天鹿児弓)で射ち殺し、その矢が天に届くと天稚彦に邪心があるとして、下界に打ち返され、その矢に天稚彦が射抜かれた死んだという神話から、蚊屋島神社の神官や社家は代々キジ肉を氏子は鹿の肉を食するのが禁じられていると云います。

c051487-2017-12-9-07-14.jpg

しかし天稚彦に嫁いだのは高照姫ではなく、異母妹の「下照姫」であって、この伝承も真実をどこまで伝えているのか不明です。

c051472-2017-12-9-07-14.jpg

蚊屋島神社に「賀夜奈流美命」の痕跡は残っているのか。
ネットをみていましたら富氏の伝承を詳しく伝えてある「蘇える出雲王朝」というブログで調べてありました。

http://yomiagaeru.exblog.jp/24979683/

『鳥取県神社誌』にかろうじでその名が見られるということです。

c051480-2017-12-9-07-14.jpg

また別の調べでは、「出雲国造神賀詞」(かんよごと)に、出雲から大和に遷宮された神々の名があるそうです。
そこに、「カヤナルミノ命の御魂を飛鳥の神奈備に鎮座させて」と述べられていると云います。
飛鳥の神奈備とは「飛鳥坐神社」のことで、それは蚊屋島神社の諸祭神を一緒に遷宮したことを表わすそうです。
鳥鳴海命も事代主命も一緒に祀られているということですが、飛鳥坐神社では今は事代主命を中心に祀られています。

c051474-2017-12-9-07-14.jpg

拝殿には、3匹の見事な龍の彫刻がありました。

c051475-2017-12-9-07-14.jpg

拝殿と向拝の上部に彫られた龍は、江戸中期松江藩の木工方「小林如泥」の晩年の作と伝えられているようです。

c051481-2017-12-9-07-14.jpg

記紀が制作された頃の権力者の間では、出雲王国の存在を隠したい思惑があったようです。
王国の話は、古事記ではおとぎ話のような神話に変えられ、日本書紀ではほとんど記されなくなりました。

c051485-2017-12-9-07-14.jpg

現在では出雲王国を思い起こさせる神々は「大国主」と「事代主(大物主)」くらいなものとなっていますが、彼らが亡くなった後、若き出雲の王子達は出雲と大和の次の時代を担ってきました。

c051486-2017-12-9-07-14.jpg

大国主の息子「アジスキタカヒコ」は西出雲の神門臣家を継ぎ、さらにその子「塩冶彦」と共に西王家を守り続けました。

c051488-2017-12-9-07-14.jpg

事代主には3人の后がおり、それぞれに若き猛る息子がいます。
沼川姫の息子「タケミナカタ」は東国へ渡り、諏訪王国を建国します。
玉櫛姫の息子「クシヒカタ」はアジスキタカヒコの息子「多岐津彦」と共に畿内の大和王朝の礎を築きます。
そして鳥耳姫の息子「鳥鳴海」は東出雲に残り、富王家を守り慕われ、息子の「国押富」に王位を譲ります。

c051491-2017-12-9-07-14.jpg

出雲王国は王・副王を同時に失うという危機に陥りながらも、それがきっかけとなって、力ある若手が羽ばたき、さらに出雲王国圏を広げる結果となったのです。

c051507-2017-12-9-07-14.jpg

穂日家の誤算は、これら若い才人を見くびっていたことにあります。
故にタケミナカタのように、記紀では故意に貶めるような神話を創作しなければならなかったのかもしれません。

c051504-2017-12-9-07-14.jpg

蚊屋島神社の裏参道には銀杏の葉が散りばめられていました。
それはあたかも、黄金の道のように見えていました。

c051496-2017-12-9-07-14.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中