25日の太宰府天満宮

11月25日の今日、太宰府天満宮に赴きました。 参拝客で賑わう太宰府天満宮。 相変わらず外人さんがかなりの割合を占めていますが、以前より皆マナー良く、とても気持ちよく参拝できます。 いかに彼の国の人たちのマナーが悪かった…

オソロシドコロ 満員御礼

昨日、仕事を終えてパソコンを開いてみると、当ブログ「偲フ花」のアクセスが見たこともない数を記録していることに驚きました。 当ブログがこれまで度々トラフィックの急上昇をみせる場合はいつも、長崎県対馬の「オソロシドコロ 」が…

群馬飯

旅の楽しみのひとつがご当地飯。 普段はネットで調べたり、職場のお客様から情報をいただいたりして何を食べるか考えます。 が、今回の群馬、一体何を食べたら良いのかさっぱり分かりません… スタッフがスマホを見て、「こんにゃくが…

マッチ絵の家

「マッチ絵の家」は、群馬県のみなかみ町「たくみの里」という集落の中にある素敵なカフェでした。 「たくみの里」にはその名の通り、体験工房やハンドメイドなお店がたくさん連なっています。 昔ながらの集落のように見えますが、どう…

朱印帳

平成20年から始めた御朱印収集ですが、22冊を終え、23冊目に入っています。 記念すべき初御朱印は、宮崎の高千穂神社。 天女かと見紛う美しい巫女さんが、額に汗して書いてくれたのを覚えています。 御朱印帳そのものにも凝った…

神在國

日本人に生まれてよかった。 僕は心からそう思う。 僕が日本に生まれてよかったと思う理由の一つが、天皇陛下の存在にあります。 古来、日本で「神」と呼び祀られる人は、わずかの例外を除いて、すべて出雲王家の血を引く者でした。 …

神無星

「神はいたか」 歳を経てなお若々しい母を見て思う。 自分もあと20数年であの歳になるのか。 0歳と20歳は、まるで別次元の年齢差に感じるが、50と70ならそれはついこの間、というくらいの差でしかない。 そのくらい10年と…

珈琲 森の時計

「ニングルテラス」は新富良野プリンスホテルの目の前にあります。 そこは森の中に広がるショッピングエリア。 まるで妖精の森に迷い込んだような錯覚に陥ります。 ニングルとは、アイヌに伝わる森に住む身長15cmくらいの小さな妖…

会津飯

「義に死すとも不義に生きず」 新撰組をはじめとした会津サムライの魂を育んだものこそ、会津飯! ってなことで、会津の美食を堪能します。 宿を飛び出すと、なにやら野口英世像がありました。 英世さんも福島生まれだったのですね。…

万代そば 〜最近のグルメ番組に思ふ

新潟に来たので、少し前にテレビに出ていた、そば屋さんなのにカレーを求める行列ができる店というところに行ってみました。 バスセンターの立ち食いそば屋さん「万代そば」です。 食券売り場では平日の朝から行列が。 皆、カレーの食…

坐禅のススメ

「禅」とは何ぞや。 南インド出身で中国に渡った「達磨」を祖とする、坐禅(座禅)を基本的な修行形態とするものであるそうな。 日本では鎌倉武士や庶民などを中心に日本仏教の一つとして広まったということです。 その後、五山文学や…