釧路湿原

投稿日:

img_4558-2015-08-4-09-14.jpg

北の大地、北海道。
釧路には広大な湿原が広がっていました。
九州にも有名な湿原はありますが、釧路のそれは規模が違います。
地球の丸さを感じる世界が、そこにはありました。

p6040358-2015-08-4-09-14.jpg

砂煙をあげながら釧路湿原の中を車で走り抜けます。

p6040362-2015-08-4-09-14.jpg

道の横には、広い川が悠々と流れていました。

p6040365-2015-08-4-09-14.jpg

釧路湿原には幾つかの展望台がありますが、
その中の一つ、「コッタロ湿原展望台」はその景観が特に美しいことで有名です。

p6040367-2015-08-4-09-14.jpg

他の展望台に比べると、スケールはややコンパクトですが、緑の低木草や曲がりくねった川、沼などが絶妙のバランスを見せています。

p6040380-2015-08-4-09-14.jpg

展望台まではちょっと頑張って登らないといけませんが、その価値は十分。

p6040377-2015-08-4-09-14.jpg

古くから変わらないコッタロ湿原の景観はこの先もずっと残り続けてほしいです。

p6040366-2015-08-4-09-14.jpg

それはまるで、地球のミニチュアを見ているようでした。

b_ornament-2015-08-4-09-14.jpg

p6040400-2015-08-4-09-14.jpg

車で走っていると、湿原の中にも暮らす人がいてびっくりしました。

p6040399-2015-08-4-09-14.jpg

何もかもが広大だなと思います。

p6040403-2015-08-4-09-14.jpg

もし、釧路湿原の広大さを肌で感じたいなら「温根内木道」(おんねないもくどう)がおすすめです。

p6040406-2015-08-4-09-14.jpg

ここ、温根内木道では低木草の生える「高層湿原」から「中間湿原」「低層湿原」とすべての湿原に出会えます。

p6040407-2015-08-4-09-14.jpg

コロボックルのモデル「やちぼうず」をはじめ、様々な湿原植物も豊富です。

p6040436-2015-08-4-09-14.jpg

温根内木道にはショートカットコースもありますが、ぜひ時間をとってフルコースを歩いてください。
3キロほどのコースでゆっくり歩いて2時間弱くらいです。

p6040410-2015-08-4-09-14.jpg

風景は一歩ごとに変化を見せるので退屈はしません。

p6040415-2015-08-4-09-14.jpg

広大な草原を思わせる光景に出会いました。

p6040418-2015-08-4-09-14.jpg

そこには緑と青の境界線があり、

p6040419-2015-08-4-09-14.jpg

道はどこまでも続いています。

p6040422-2015-08-4-09-14.jpg

動物たちとの出会いがあり、

p6040432-2015-08-4-09-14.jpg

鳥のさえずりがBGMです。

p6040446-2015-08-4-09-14.jpg

そして天と地に僕だけがいる。

p6040438-2015-08-4-09-14.jpg

この孤独感。

p6040442-2015-08-4-09-14.jpg

世界に僕だけが生き残ったら、こんな感じでしょうか。

p6040435-2015-08-4-09-14.jpg

美しい大地が、ここにあります。

p6040452-2015-08-4-09-14.jpg

コロボックルにも逢えるかもしれない、

p6040450-2015-08-4-09-14.jpg

温根内木道はそんなところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中