鞍馬山

投稿日:

p6160213-2015-09-16-11-07.jpg

京都最大のパワースポットは?と問われれば、僕は「鞍馬山」と答えます。
なぜなら鞍馬山の奥深くには、ただならぬ気配の、金星から魔王が降り立ったと伝わる場所があるからです。

p6160153-2015-09-16-11-07.jpg

風光明媚な景色を堪能できるのどかなローカル線「叡山電鉄」鞍馬駅を降りると大きな天狗の面が出迎えてくれます。

p61601522-2015-09-16-11-07.jpg

ここ鞍馬寺はその名の通り、牛若丸を鍛えた鞍馬天狗で有名な寺となります。

p6160154-2015-09-16-11-07.jpg

少し歩くとすぐに鞍馬寺の仁王門が見えて来ます。

wpid-p6160155-2015-09-16-11-07-2015-09-16-11-07.jpg

鞍馬寺は本堂まででも30分は額に汗して登らなくてはなりません。

p6160156-2015-09-16-11-07.jpg

しかし僕は、さらにその先まで、約90分の鞍馬の山越えを決行しなければなりません。
そこまでしないと、見れないものがあるのです。

p6160161-2015-09-16-11-07.jpg

門をくぐり進むと、緑が深くなります。

p6160160-2015-09-16-11-07.jpg

そこに現れたのは「放生池」。

p6160164-2015-09-16-11-07.jpg

鳥居が連なる社が見えます。

p6160167-2015-09-16-11-07.jpg

「鬼一法眼社」です。

p6160168-2015-09-16-11-07.jpg

鬼一法眼とは牛若丸に「六韜三略」の兵法を授けた陰陽師のことです。
武芸の達人でもあります。

p6160165-2015-09-16-11-07.jpg

そのすぐ横には「魔王の滝」とあります。

p6160166-2015-09-16-11-07.jpg

魔王の名のもと、ここでは滝行が行われるようです。

b_ornament-2015-09-16-11-07.jpg

p6160169-2015-09-16-11-07.jpg

参道を登っていくと「由岐神社」(ゆきじんじゃ)が見えて来ました。

p6160170-2015-09-16-11-07.jpg

ここは「火祭り」で有名なところです。

p6160171-2015-09-16-11-07.jpg

当宮の遷宮に際して、里人がかがり火を持って神霊を迎えたことが火祭りの由来と伝わります。

p6160173-2015-09-16-11-07.jpg

見事な御神木がそびえています。

p6160174-2015-09-16-11-07.jpg

御祭神は「大己貴命」と「少彦名命」を「由岐大明神」と総称して祀っています。

p6160176-2015-09-16-11-07.jpg

風格のある社殿は豊臣秀頼のご再建によるものです。

b_ornament-2015-09-16-11-07.jpg

p6160180-2015-09-16-11-07.jpg
さて、この先はかなりの急勾配となってきます。
息を整えて出発です。

p6160181-2015-09-16-11-07.jpg

歩みを進めると、蛇行するように斜面を登り続けます。

p6160182-2015-09-16-11-07.jpg

緑が深く、きつさはありますが、心地よい道です。

p6160183-2015-09-16-11-07.jpg

登ります。

p6160184-2015-09-16-11-07.jpg

途中で休んで、

p6160186-2015-09-16-11-07.jpg

また登ります。

p6160187-2015-09-16-11-07.jpg

あと一息、

p6160189-2015-09-16-11-07.jpg

でようやく到達!しました。
鞍馬寺「本殿金堂」です。
この鞍馬寺は牛若丸が幼少期を過ごした寺です。

p6160196-2015-09-16-11-07.jpg

鞍馬寺では「毘沙門天・千手観音・護法魔王尊」の三尊が祀られています。
開基は鑑真の高弟「鑑禎」(がんてい)です。

p6160195-2015-09-16-11-07.jpg

悪夢に導かれて鞍馬山へと入った鑑禎は女形の鬼に襲われますが、
あわや、枯れ木が鬼の上に倒れ、鑑禎は助かります。
翌朝、そこには毘沙門天の像があったことからこれを祀るために建てたのが鞍馬寺の由来だと云います。

p6160193-2015-09-16-11-07.jpg

後に「毘沙門天=千手観音」であることを藤原伊勢人が知り、魔王尊と合わせて三尊を祀ることになります。

p6160190-2015-09-16-11-07.jpg

鞍馬寺本殿金堂の前にある石畳の「六芒星」。
ここは天のエネルギーが降り注ぐ場所と言われ、強力なパワースポットになっているそうです。

p6160192-2015-09-16-11-07.jpg

またこの下には龍穴が眠っているとも伝わります。

b_ornament-2015-09-16-11-07.jpg

p6160198-2015-09-16-11-07.jpg

さらに奥の院「魔王殿」へと足を進めます。

p6160200-2015-09-16-11-07.jpg

途中に、与謝野晶子の書斎「冬柏亭」や

p6160203-2015-09-16-11-07.jpg

牛若丸が天狗の訓練を受けている時に喉を潤した「義経公(牛若丸)息次ぎの水」、

p6160207-2015-09-16-11-07.jpg

「義経公背比べ石」などがあります。

p6160209-2015-09-16-11-07.jpg

この背比べ石があるあたりが峠となります。
ここから鞍馬山を反対の方へ下っていきます。

p6160206-2015-09-16-11-07.jpg

そして小高い丘を越えたところに

p6160210-2015-09-16-11-07.jpg

「木の根道」が広がっていました。

p6160211-2015-09-16-11-07.jpg

木の根道は牛若丸が鞍馬天狗の棟梁「僧正坊」(そうじょうぼう)に鍛えられた場所と云います。

p6160212-2015-09-16-11-07.jpg

木の根が足を捉えるので、スムーズに走り抜けるのには訓練が必要になります。
鞍馬山は地下に岩盤があり、根が沈むことができず地表にうねるように現れるそうです。

p6160216-2015-09-16-11-07.jpg

木の根道を先行くと、「大杉権現社」と書かれた社があります。

p6160219-2015-09-16-11-07.jpg

静謐な空気に囲まれた、森の中の社です。

p6160218-2015-09-16-11-07.jpg

大杉さんと呼ばれる大杉権現。

p6160217-2015-09-16-11-07.jpg

御神木は昭和25年の台風で既に折れているのですが、今尚この一帯を聖域然と保っていました。

b_ornament-2015-09-16-11-07.jpg

p6160220-2015-09-16-11-07.jpg

木の根道を下って行くと、いよいよ最終目的地が近づいてきます。
「僧正ガ谷不動堂」が見えてきました。
ここは牛若丸と鞍馬天狗が出会った場所です。

p6160221-2015-09-16-11-07.jpg

ここにも「六芒星」があります。

p6160223-2015-09-16-11-07.jpg

側には「義経堂」も。

p6160225-2015-09-16-11-07.jpg

静寂と清浄さを感じさせる不動堂。
この先にあるのが最強スポットの「魔王殿」。

p6160227-2015-09-16-11-07.jpg

静寂な杜に囲まれた「魔王殿」が見えてきました。

p6160238-2015-09-16-11-07.jpg

不思議な形の手水舎があります。

p6160241-2015-09-16-11-07.jpg

まずは身の穢れを流します。

p6160229-2015-09-16-11-07.jpg

ここは今から遡ること650万年前、護法魔王尊(サナト・クラマ)が人類救済のため金星から降臨した場所とされています。

p6160230-2015-09-16-11-07.jpg

この地に降り立った魔王は大杉に依り付き、大天狗僧正坊などを指揮したといいます。

p6160231-2015-09-16-11-07.jpg

金星の魔王といえばそう、宵の明星、堕ちた大天使「ルシファー」、
なのでしょうか。

p6160233-2015-09-16-11-07.jpg

名前から恐ろしげなイメージを抱いてしまいますが、
ここに到達してみると、穏やかでひっそりとした、心静かな心境になります。

p6160234-2015-09-16-11-07.jpg

静かな波動と共に、降り注ぐような空気が満ちていました。

p6160237-2015-09-16-11-07.jpg

登るほどに心静かになれた鞍馬山トレッキングもあと少し。
ここからは急斜面を一気に駆け下ります。

p6160246-2015-09-16-11-07.jpg

下山中には異様にねじれた大木が目につきます。

p6160247-2015-09-16-11-07.jpg

ここ鞍馬山は磁場が狂っていて、気分が悪くなる人もいたりするらしいです。
来訪はやや慎重にどうぞ。

p6160249-2015-09-16-11-07.jpg

wpid-0119e99e8de9a6ace5afba-2015-09-16-11-07-2015-09-16-11-07.jpgwpid-0120e794b1e5b290e7a59ee7a4be-2015-09-16-11-07-2015-09-16-11-07.jpg鞍馬寺/由岐神社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中