屋久島:白谷雲水峡〜苔むす森・太鼓岩

投稿日:

p6070434-2017-06-14-12-42.jpg

白谷雲水峡に足を踏み入れて1時間以上経ちましたが、進むたびに緑が深くなっていきます。
命が複雑に絡み合い、

p6070558-2017-06-14-12-42.jpg

強い生命力が、見る者を酔わせていきます。

p6070555-2017-06-14-12-42.jpg

そして一層植物の匂いが濃くなるその先に、

p6070442-2017-06-14-12-42.jpg

白谷雲水峡一番の見どころがあります。

p6070447-2017-06-14-12-42.jpg

「苔むす森」、宮崎駿監督が映画「もののけ姫」のインスピレーションを得たという森です。

p6070449-2017-06-14-12-42.jpg

そこは照葉樹に覆われた光も僅かにしか届かない、深淵の世界。

p6070451-2017-06-14-12-42.jpg

まるで深い海の底にいるみたいです。

p6070452-2017-06-14-12-42.jpg

静かに、ただ静かに、生命たちの囁きに耳をすませます。

p6070453-2017-06-14-12-42.jpg

どれほど長い、年月の先に今があるのか、

p6070455-2017-06-14-12-42.jpg

その緑色をした生命たちは語りかけてくれます。

p6070456-2017-06-14-12-42.jpg

この素晴らしい世界を堪能するには、少しコツがいります。

p6070461-2017-06-14-12-42.jpg

ひとつは雨が降った翌日であること、そしてもうひとつは、人が来ないタイミングを狙うこと。

p6070458-2017-06-14-12-42.jpg

それが叶えば、苔むす世界は、自分一人だけのものとなります。

img_0459-2017-06-14-12-42.jpg

b_ornament-2017-06-14-12-42.jpg

p6070546-2017-06-14-12-42.jpg

いつまでも酔いしれていたいところですが、そろそろ苔むす森を離れなければなりません。

p6070470-2017-06-14-12-42.jpg

ここにはまだ進むべき先があるからです。

p6070472-2017-06-14-12-42.jpg

苔むす森までの標高は850mほど。

p6070473-2017-06-14-12-42.jpg

2kmほどの散策で250m高度を上げたことになります。

p6070474-2017-06-14-12-42.jpg

ここからあと1kmほど進み、標高を200m上げたところに最終の目的地「太鼓岩」(たいこいわ)があります。

p6070475-2017-06-14-12-42.jpg

さらに険しくなった道を進みます。

p6070476-2017-06-14-12-42.jpg

途中にも空洞になった幹や名のある屋久杉がたくさんあります。

p6070480-2017-06-14-12-42.jpg

「武家杉・公家杉」と名付けられた杉も平成25年に命名された杉。
左の苔の鎧をまとった姿と右の白銀の美しい樹皮を武家と公家に見立てたそうです。

p6070482-2017-06-14-12-42.jpg

「かみなりおんじ」は雷に打たれた姿が、歳をとったおじいさんに見えたそうで、

p6070484-2017-06-14-12-42.jpg

これも小学2年生の少年が名付けました。

b_ornament-2017-06-14-12-42.jpg

p6070485-2017-06-14-12-42.jpg

ようやく「辻峠」まで来ました。
目的地まであと一息ですが、ここから10分、250mの距離で標高を80mほど登らなくてはなりません。

p6070487-2017-06-14-12-42.jpg

それはかなり、心折られる道です。

p6070489-2017-06-14-12-42.jpg

しかしあと少し、一歩ずつ踏み込みながら登っていきます。

p6070490-2017-06-14-12-42.jpg

光が、光が見えて来ました。

p6070492-2017-06-14-12-42.jpg

太鼓岩です。

p6070495-2017-06-14-12-42.jpg

その先へ進みます。

img_0461-2017-06-14-12-42.jpg

一陣の風が吹き抜けました。

p6070498-2017-06-14-12-42.jpg

標高1050mの絶景。

p6070509-2017-06-14-12-42.jpg

隣にはここの主のように、白骨化した杉が並んでいます。

p6070501-2017-06-14-12-42.jpg

下にも岩が突き出ていて、少し窪んだ感じになっています。

p6070503-2017-06-14-12-42.jpg

「お前にサンが救えるか」
そう、ここは「もののけ姫」の中で、狼のモロがアシタカに問いかける、あのシーンのモデルとなった場所だと云います。

p6070504-2017-06-14-12-42.jpg

眼下に遠く、縄文杉に続く安房川や屋久島の森、

p6070506-2017-06-14-12-42.jpg

目を上げれば、宮之浦岳、永田岳、黒味岳といった屋久島を代表する山々を望むことことができます。

p60603332-2017-06-14-12-42.jpg

安房側から見るとこんな感じの場所です。

p6070512-2017-06-14-12-42.jpg

この素晴らしい世界を、やはり僕は独り占めしてきました。

b_ornament-2017-06-14-12-42.jpg

p6070521-2017-06-14-12-42.jpg

太鼓岩から辻峠への下り道に「女神杉」があります。

p6070525-2017-06-14-12-42.jpg

螺旋に絡み合うこの大木は、主婦の方の命名です。

p6070532-2017-06-14-12-42.jpg

現在貴重な屋久杉の伐採は禁止されています。
しかし屋久島の土産店を訪れると、屋久杉を使った民芸品などがたくさん販売されています。

p6070533-2017-06-14-12-42.jpg

これらは屋久杉を伐採して作られるのではなく、「土埋木」(どまいぼく)という、土に埋もれた倒木などを使用して作られています。

p6070536-2017-06-14-12-42.jpg

しかしそうした土埋木も限りがあり、そう遠くない時期に枯渇するといいます。

p6070538-2017-06-14-12-42.jpg

屋久杉の民芸品はとても高価ですが、今のうちにひとつ、買い求めておくのも良いかもしれません。

p21404122-2017-06-14-12-42.jpg

僕は8年前の来島で、屋久杉のコーヒーカップを買いました。
杉の香りがコーヒーの旨みを引き立てる、素敵なカップで、大切に使っています。
年輪の細かさが屋久杉の証拠。
偽物も多いようなのでご注意ください。

b_ornament-2017-06-14-12-42.jpg

p6070585-2017-06-14-12-42.jpg

目的は果たしましたが、ついでに1時間ほど寄り道、

p6070589-2017-06-14-12-42.jpg

樹齢3000年の「弥生杉」に会いにいきました。

p6070594-2017-06-14-12-42.jpg

車に乗っての帰り道には霊水が湧いているのを見つけ、ひと含み。
甘い、森の味が疲れた体に染み込みました。

p6070595-2017-06-14-12-42.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中